プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
ドセタキセルの副作用のこと
抗がん剤が殺すのは がん細胞だけじゃないんです


こんにちは、碧です。

抗がん剤の点滴の中身を ちょっと詳しく書きます。

まず カイトリルバッグ+デカドロン 15分
吐き気、浮腫、アレルギーの予防です。

次に 生理食塩液+ドセタキセル 1時間
抗がん剤です。

最後に ゾメタ 15分
骨転移の薬です。

ドセタキセルの副作用は 色々あります。

最初に がん研有明病院からもらった
「乳癌に対するドセタキセル療法について」に
副作用として

・むくみ(浮腫)

・アレルギー

・脱毛

・白血球減少
 点滴の後、7~10日目くらいに白血球が一時的に下がります。

・吐き気と味覚の変化

・涙
 涙が多くなることがあります。

・しびれ

・関節痛・筋肉痛

・爪の変色と変形
 点滴の回数が多くなると爪が黒くなったり、
 爪が浮き上がったり、変形することがあります。
 ドセタキセルの治療が終了すればもとに戻ります。

・その他の副作用
 その他の副作用としては体が疲れやすい、
 口内炎、下痢、腹痛、便秘、めまい、
 肝機能異常、静脈炎などがあります。
 副作用が絶対起こらないとはいえませんが、
 以上のような点に注意すれば
 ドセタキセル療法は比較的安全な治療です。

…といったことが あげられています。
これだけ読むと 副作用 結構軽そうです

そういう人も いるのかな


病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : デカドロンで浮腫の予防 カイトリルで吐き気の予防 ゾメタで骨転移の予防
| ホーム |

 | BLOG TOP |