プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
ある日の主治医との会話
というか いつも んー…
ある日の先生との会話


こんにちは、碧です。

先日 抗がん剤治療が ツライので 病院で 主治医の先生に
「先生 私 放射線あてないんですか」
と聞いてみたら、
「んー…」

あぁ 先生きっと
「こんなに あちこち 散らばってて
どこにあてろって 言うんだよ」って
思ってるよなぁ…
先生も 言葉探すよね…

「あの…もう 余命宣告から 1年半も経ってて
やっぱり そろそろ… なんでしょうか?」
と言っても
「んー…」
先生そこは
「そんなことないですよ 抗がん剤も効いているし
がんばりましょう
くらい 言ってくれても…
先生 正直だから…

「あの…私もう61歳で 体がかなり 参ってきたんですけど」
「んー…」


「呼吸困難が 心配なんですけど…」
「んー…」

先生は 大抵「んー…」
何十年も寄り添った 夫婦の会話(?!)じゃ
ないんだから…

そんな先生が、
「なんか もう 耐えられなくて…」
「んー…今日は(抗がん剤を)打つよね?ね?」

もちろん 抗がん剤やめたら
がんが増えて 死んじゃうから
抗がん剤治療は やめないですよ
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 乳がん放射線治療 乳がん呼吸困難 末期がん患者と医者の会話 末期がん放射線治療 主治医との会話
| ホーム |

 | BLOG TOP |