プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
死は 神様のご褒美 羽成幸子 勇気が出る介護の本
介護の達人 羽成幸子さんによると
羽成幸子 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

介護の達人 羽成幸子さんによると「死は 神様のご褒美である」

がばいばあちゃんも 「死は チャンスだ」と おっしゃっているから
死は 忌み嫌うものではなく いいものカテゴリー? でしょうか。

だって 今まで 実際に 死んでから 生き返った人 いないもん。
だから 想像だけの世界。
試しに 死んでみるとか できません。

「だから どうなんだ」と 突っ込みが 入りそうですが…

もし 死が ご褒美だとしたら
「今まで散々 苦しんだから もう 解放してあげるわ」
って ことなのでしょうか?
死んでみると 案外 楽しかった…なんてことだったら
どっちでも いいわ~っ みたいな。

天国って 観葉植物とか 空とか 花とかは ないのかな。
悩みがなくなり 楽になるんだったら ずーっと 気楽かな?

羽成幸子 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

羽成さんは 「勇気が出る介護の本」の中で、
こうも 書いています。
「自由は 束縛の中でこそ 光ります」
ということは 苦しんだら 喜びも 光るって ことなんでしょうか?
光は 闇があればこそ。

さらに 「『余命一日』 という言葉が 好きなんです」と。

あーでも 余命一日だったら 今日の一日 怒ってばかりいたので やだやだ
まだ 私 明日も 生存します

病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 羽成幸子 勇気が出る介護の本 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー
| ホーム |

 | BLOG TOP |