プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
山中教授 ノーベル賞 iPS細胞
嬉しいニュース
IPS細胞 京都大学の山中伸弥教授 IPS細胞への寄付サイト ノーベル賞


京都大学の山中伸弥教授 ノーベル賞受賞のニュースに
わいていますね。

iPS細胞で がんの幹細胞を作って がんを 解析できるとか
抗がん細胞を作ったとか
難しい話は よくわからないけれど。

新聞に 山中教授が 研修医の頃 ジャマナカと呼ばれて
挫折したことがある というエピソードがあって。
でも その後 研究の世界に入って こうしてノーベル賞を とった
っていうのは
1つの世界で ダメでも 別の世界で 素晴らしいことが
できるって いう いい話だなーと 思いました。

京都大学iPS細胞研究所サイラへの寄付サイト
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : IPS細胞 京都大学の山中伸弥教授 IPS細胞への寄付サイト ノーベル賞
| ホーム |

 | BLOG TOP |