プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
抗がん剤 ドセタキセルの投与
1日仕事でヘロヘロです


こんにちは、碧です。

先日 病院に行くのが楽しみです
と書きましたが。
そうは言っても 抗がん剤投与の日は
長い長い1日です。

去年の4月から、抗がん剤がドセタキセルになりました。
これは、進行がん、転移したがんに
よく使われる抗がん剤だそうです。

4週間に1回。

2月から3週間に1回になりました
このことは、また次の機会にお話します。

まず、病院で受付をすると、
その日の予定表と、PHS?が出てきます

まず最初は、血液検査です
5本とか 血採られます

大きな病院なので、1時間位で
全ての結果が出ます。

検査を受けた後、診察まで1~2時間待ちます。

診察では、先生が血液検査の結果を診て、
抗がん剤治療の可否を判断します。

白血球が3,000以下だと、
抗がん剤はやっちゃダメなんだとか。

でも、2,500位でも、抗がん剤やります

結局やるなら、血液検査しなくてもいいのでは
と思います

血管ボロボロで、採血苦痛です


…一旦ここで、切りますね
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 乳がん余命宣告 末期がん余命宣告 乳癌闘病中 末期ガン闘病中
| ホーム |

 | BLOG TOP |