プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
死は 神様のご褒美 羽成幸子 勇気が出る介護の本
介護の達人 羽成幸子さんによると
羽成幸子 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

介護の達人 羽成幸子さんによると「死は 神様のご褒美である」

がばいばあちゃんも 「死は チャンスだ」と おっしゃっているから
死は 忌み嫌うものではなく いいものカテゴリー? でしょうか。

だって 今まで 実際に 死んでから 生き返った人 いないもん。
だから 想像だけの世界。
試しに 死んでみるとか できません。

「だから どうなんだ」と 突っ込みが 入りそうですが…

もし 死が ご褒美だとしたら
「今まで散々 苦しんだから もう 解放してあげるわ」
って ことなのでしょうか?
死んでみると 案外 楽しかった…なんてことだったら
どっちでも いいわ~っ みたいな。

天国って 観葉植物とか 空とか 花とかは ないのかな。
悩みがなくなり 楽になるんだったら ずーっと 気楽かな?

羽成幸子 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

羽成さんは 「勇気が出る介護の本」の中で、
こうも 書いています。
「自由は 束縛の中でこそ 光ります」
ということは 苦しんだら 喜びも 光るって ことなんでしょうか?
光は 闇があればこそ。

さらに 「『余命一日』 という言葉が 好きなんです」と。

あーでも 余命一日だったら 今日の一日 怒ってばかりいたので やだやだ
まだ 私 明日も 生存します

関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 羽成幸子 勇気が出る介護の本 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

コメント:

■ 

「死は神様のご褒美」...、私、この言葉に癒されます。

■ 

こんばんは。お久しぶりです。
もしも、死が本当にご褒美だとしたら、ご褒美ってそんな簡単にもらってはいけないと思いませんか?どんなことでもご褒美はそう簡単には手に入らないですよね。生きて生きて生きて、精一杯生きてこそ、死はご褒美になる気がします。まだご褒美のことは考えず、生きてる今を満喫しましょう!

■ 

家の愛犬が亡くなる時に、また会えるから大丈夫だよ。
と声をかけてきました。
私も死んだらみんなに会える事を信じています。
まだまだ長生きはしたいですけど、楽しみ!?かな?とも思ったりもします。
ギュッとしまくりたいです(笑)
どうせ生きた人は皆死ぬ事は決まっているのだから、考えて悩み過ぎて暗く過ごすより、その時まで少しでも悔いが残らない様に明るく過ごしたいです。
できた人間ではないので出来るかわかりませんが目標です!

■ 生きる事は学びなんです

信じるかは本人次第ですが、現世は全て学ぶために生まれてきたんです。それは前世でなし得なかった事を再度やり直す為に。それぞれの学びは違いますが、成し遂げたときが死というご褒美になるんです。一度天界に戻り、夢のような世界にいます。そしてまた現世に修行に出ます。皆さんは正にその修行中なんです。ちなみに私も。
余談ですが、ウチには猫が3匹。そのうちの1匹は天使の羽がついてます。碧さんの猫にも羽ついてないですか?具合悪い時、落ち込んでる時、側に寄り添ってくれてませんか?そうゆうペットちゃんは死んでもずっと一緒です。
長くなりましたが、死は怖いものではないという事を知って欲しくて初めて書き込みしてしまいました。気を悪くしたらすみません。

■ 

よく葬儀などで使われるセリフに「あの世はすごく良い所らしい、何しろみんな行ったきり帰って来ない」と言われるけど、棺桶に近い私としてはそうあってほしい。
死は恐怖だけど、不老不死として、ずっと死ぬこともなく生き続けるのはもっと恐怖だと思いませんか?
死があるから生も輝く!。ですよね。

チャーちゃんの寝姿、可愛いですね~。癒される~。

■ 

死が辛いのは、別れの辛さです。

「生の世界」と「死の世界」は、決して交流できないから。
どんなに会いたくても。

大切な愛犬が死んだ時、
寂しくて何年も苦しみました。

「死」はどんなものかわからないから怖いけれど、
でも自分が死んだら、きっと先に死んでいったものたちに、
会えるような気がするのです。
だから死も、そんなに捨てたものじゃないって、思います。

大好きだったかわいい犬たち、
優しかったおばあちゃん、おじいちゃん。
私が死んだら、きっとそこまで迎えに来てる気がします。

私には、子どもがいるので、
まだまだ情けない子ども達のために、
1日でも長生きしたいとは思いますが、

生も死も、すべての生き物がたどる道なのですよね。

■ 

何か お役に立てるかも

■ 

天国…あそこから帰って来た人はいないわなぁ…うん…
逆に 「私は見て来た、行ってきた」っていう人がいたら
その人の話を聴くのはチョット…私は遠慮するヮ(笑)

『虹の橋』…本当にそうだといいなぁ…

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/127-34992752

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |