プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
炎症性乳癌のステージ4。全身に転移しています...
病院に行ったときには、がんは全身に散らばって


こんにちは、碧です。

書きたいことがたくさんあって、
話が色々飛ぶかと思いますが
…どうか気にしないでください…

私は 炎症性乳癌のステージ4
最終ステージ…末期癌です…

炎症性乳癌で
喉、脇のリンパ腺、肺は
多発性に点在し
骨盤の骨にまで 転移しています

とにかく 肺が 最初のレントゲンでは真っ白で
すごいんですよ

いやー すごいわ
余命1ヶ月のはずだわ

この肺だけでも 呼吸困難だよね。
もう命ないはずだわ

私の主治医の先生は 半年位は無言でした

それも 私にとっては とても面白く
会話がない診察も 成り立つんだなぁと
思いました。

きっと 主治医の先生は
「どーしてこんなになるまで 病院に来ないのか
こんなになって来て どーしようっていうのか
あーあ こんなやつの主治医にされちまって
すぐ死んでく患者任された俺って どーよ」
…みたいな感じだったと思います。

(先生ごめんなさい。
あくまでも 私が先生の立場だったら
こう思っちゃうよなー
ってことです

先生かわいそ~

そんな 気持ちが 伝わったから
デカイ態度も とれません

末期ガンなのに 気を遣い、
闘病生活を続ける私でした
関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 癌ステージ4ブログ 癌全身転移ブログ 乳がん肺転移 乳がん骨盤転移 乳がんリンパ転移

コメント:

■ 炎症性乳ガン

私の愛犬トムは、3ヶ月前に16歳で旅立ちました。乳腺腫瘍の切除手術が発症の原因でした。5日間呼吸が異常に速く、下肢は内出血で黒い線がありました。ステロイドは効果ありましたが、ピロキシカムはだめでした。1日でも生きてほしかった。獣医は信用できません。とにかく、がんばってください。

■ おはよう

今日も一日にが始まる。
碧ちゃん、おはよう~。

一日を大切に...、碧ちゃんの言葉を思い起こしながら、一日が始まる。

空、青いよ!

■ しらゆりさま

コメントありがとうございます。

今、ちょっと碧ちゃんi-195i-195中で…
直接お返事できず申し訳ありません。

でも、みなさまのコメントははげみになりますi-1

しらゆりさん、大変な中、本当にありがとうございます。
しらゆりさんも、ファイトi-184

■ 

先生のことをかわいそう...と思うなんて、碧ちゃんらしい。

今、タッキーに借りた「海の石」大越 桂さんの詩集を読んでるの。

碧ちゃんにも見せたいなあ~。

陽射しは春だけど、今日は、まだまだ寒い一日だよ。

■ ファイト!

末期というのは、きっと心身とも大変な状況と思いますが、とても冷静に明るく病に向き合っておられ、心から感動しています。
私は5年前に脳腫瘍になり、当初は、余命1年と思って過ごしていました。でももう5年目になります。抗癌剤の副作用はきついですね・・・
余命の数値は、あてにせず、日々頑張って生き抜きましょう!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/13-f9f62362

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |