プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
余命宣告って どうよ
いいのか 悪いのか どうでしょうか?


こんにちは、碧です。

余命宣告って いいのか 悪いのか どうでしょうか?

そもそもいつから 本人に告知するように
なったのでしょうか?

私は 初診の女医さんに
「余命を告知しますか?」と聞かれ、
母子家庭の身なので
「はい」と即座に答えました。

死ぬまで やり終えなければいけない事が
いっぱいあるからです。

(結局 まだ 完結してないのですが…

期間を限定していただければ
色々と 都合が良い事は 確かですが
結構 毎日 ドキドキしてしまい
毎日が 「死刑囚の気分を味わえますツアー」に
なってしまい

1年位は 心臓が バクバクします

でも ノー天気に 自分の人生がいつまでも続くと
思って生きているより、

時間を限って
いや 時間を限られて
1日1日を 大切に 真摯に生きていく…

そうか 私 最後に
人間にとって最善の生き方を見つけたんだから
案外 勝ち組だったんだね

震災で 日本中の皆さんが 思ったこと

…明日という日は 確実じゃないってことね
関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 乳がん余命宣告 末期がん余命宣告 乳癌闘病中 末期ガン闘病中

コメント:

■ 難しい...

難しい問題です。
余命がわからない事の方が多いわけで、そのなかで私たちは生きている。生かされている。

わかるから一生懸命生きる...とも思えるし、わからないから、一生懸命生きるとも思える。

私は、考えが自分でわからない。
でも、告知をうけても頑張ってる碧ちゃんは、本当に強いと思う!!


■ はじめまして・・

凄い重い問題ですね。

私は今は亡き姉の余命告知の場に居合わせました。

それは肺がんでこれ以上治療法がないという段階での告知でした。

余命3ヶ月から半年と言われました。

姉は取り乱す事なく、遠くを見る様な目で主治医を見据え、淡々と聞いていました。

姉の娘は泣きながら部屋を飛び出してしまい、私は後を追いなだめる事しかできませんでした。

姉は強いと思いました。

それからも泣く事もなく、取り乱す事もなく本当に偉いと思いました。

余命告知どおり3ヶ月後に亡くなりました。

私は告知が良いか悪いかは判りませんが、自分自身はして欲しいと思います。

■ 考え方素晴らしい!

碧ちゃんの記事にはいつも元気を貰っています。
それにしても、碧ちゃん面白いなー^^
僕も検査の度に、死刑か執行猶予か,
どっちかなー?ツアーに参加させてもらってる気分ですorz

■ 

毎日前向きに勇気を持って生きていらっしゃる、
応援しています。
笑顔あふれる楽しいことがありますように、
ほっとできるひと時をもてますように、
体調よくいられますように願ってやみません。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/14-dcece7df

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |