プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。

コメント:

■ 

お花の写真 何度見ても励まされます

碧さん ありがとう!!

生命力溢れる自然のもの達
私達人間もその中の一部だと思います

昔 犬を飼っていてよくお散歩をしていました
よくお散歩をしていた原っぱに春の頃 
たんぽぽが地面に這うようにきれいに咲いていました

原っぱはよく人達の出入りが多かったので その環境に応じて
たんぽぽ達は 丈を短くして咲いていたのです

こんな小さい花の生命力にじ~んときて感動したのを
思い出します

人間だって同じです 自然の中に生きているのですから

私も同じ病気で治療中です

日々 お元気になられることを心から信じて願っております

お大事になさってください



を短くしてきれいに咲いていました
原っぱには人・犬が頻繁に来ていたので その環境に応じて
咲いていたのです

こんな小さい花の生命力に胸にじーんときて感動して
しまいました
人間だって同じです
自然の中の一部ですから

私もじ病で たまにへこむ時がありますが
大丈夫!!大丈夫!!・・・・・と自分につぶやきながら
毎日過ごしています

日々お元気になられることを信じて心から願っております

お大事に

■ 

2つを見ると、とてもロマンがありますね^^

■ 初めまして。。

碧さん、初めてコメントさせて頂きます。

数日前に偶然こちらのブログと出会いました。
読ませて頂いているうちに、碧さんの文章に魅了され、お人柄に惹かれています。

ご体調はいかがですか?
碧さんのお身体もですが、お心も。。
心配になっています。

どうぞ、安定しておられますように。
心からお祈りしております。

■ 

こんばんは。
母と散歩するときれいなお花を見て必ず足を止めるので時間がかかります笑。特にバラの時は必ず香りを嗅ぐので!
バラは見た目が崩れてる(ひどい言い方)くらいのほうが香りが強い気がします。
碧さん、トゲには気をつけてくださいね!びっくりするくらい痛いから。。。立派な鎧をつけてるなあと関心します。

■ 深いなぁ…

う~ん、今回の写真も深い!
2枚組になっていることで 色々な方向から読み取れるヮ
この写真 今日と明日では感じることが違うかも…
碧さんの写真は 受け手の心を映し出す鏡みたいだと思う

碧さんの花の写真の焦点は 「花の美しさ」ではなくて
そこに咲く、その花だけの「個の美しさ」なんだよなぁ
私が魅かれるのはそこ! そこよっ!! 
その花がその場所に咲く運命とか
そこで咲き続けなければならない宿命とか
花の周りの時間やら環境やらを、一瞬で切り取るのではなくて、
優しくそ~っと 両手ですくい取っているような感じなの
きっと 碧さんにしか撮れない写真よね

とっても静かで深くて落ち着く写真なのに
背景にあるものすごく色んな事を考えたり感じさせてくれるのよ

好きだなぁ 碧さんの写真…
体調のことを思うと むやみにおねだりはできないけどサ
無理しない程度に また写真よろしく(^^)/

■ 名画のよう

素敵な花の写真、

大好きなイタリア ルネサンスの名画とかさなります

一人ぽっちの赤い薔薇、気になるよ(^^;)

でも碧さんのベランダの花たちは夏の装い
碧さん、花の世話できるくらい元気なのかなって勝手に安心(笑)

大阪は雨こそ降ってないけどジメジメ梅雨モード
良い季節とは言えないけど花に爽やかさを貰おうね(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/153-3bc1b1b3

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |