プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
奇跡的なまなざし
有馬学館長(福岡市博物館長/九州大学名誉教授) 有馬学氏の言葉
山本作兵衛 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


自らの過去を振り返るとき

それが否定の言葉で終わることを

望む人は いない…

苦しい現実に向き合いながら

それを 肯定のまなざしで つつむ…

この我々が望んで 果たし得ないことを

実現しているのが 山本作兵衛の世界なのである…


「奇跡的なまなざし」

有馬学館長(福岡市博物館長/九州大学名誉教授)のお言葉です。


山本作兵衛 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー
関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 山本作兵衛 有馬学館長 有馬学氏の言葉

コメント:

■ 

写真はムクゲ…? 薄紫や薄赤も見るけど、
白いムクゲだけは他の色とはちょっとイメージが違う。

こんなに真っ白でたおやかなのに山野草…そのせいか? 
たとえば、空気がピンと張ったお茶席とかに
一輪ポツンと挿してあっても、決して心細げではなくて
どこか堂々として、物怖じせずに凛として映るのよね。

庭の片隅とか お寺の境内の隅っことか 公園の柵の隙間とか
日常的には結構ヘビーな生き方しているくせに、
茶花だなんて…ああいう場違いな雰囲気でも気後れしないって
何だかすごい芯のある花だなって(笑)見習うべき点が多いヮ(^^)


有馬先生のおっしゃる奇跡的なまなざしは心の目でしょうか。
時に私は周囲の人に肯定のまなざしを求めて来たような気がします。
思えば、すごく図々しく恥ずべきことですよね…。
自分を肯定できない状態で人にそれを求めるのは違いますね。
もしかして、過去を振り返った時に自分自身がそれを肯定出来たなら
周囲のまなざしなんて気にもならなくなるのかもしれませんね。
う~ん、修行だな^^;

■ 深い言葉

有馬先生のお言葉深いねぇ〜

山本作兵衛氏のことは深くは知らないけど

確か、子孫に自分が過ごした日々を知って欲しいと描き始めた?

仰々しい気持ではなく素朴な気持で自分が過ごした過酷な日々も

自分の日常として衒いのない自分なりのタッチで描き綴った自分史だからこそ...

否定ではなく肯定だからこそ...観るものに熱く伝わるのかな...

自分の人生だもの...否定は何の未来ももたらさないけど

肯定することによって生まれる納得や幸せって必ずあるもんね

生意気だけど、あらゆる物事って切り取り方、
感じ方で全然ちがうものが見えてくるよね

今回は爽やかな白い一重の芙蓉ね...

一服の清涼剤になりました...有り難う!!!

遅まきながら

残暑お見舞い申し上げます(#^^#)

またチャー君の近況もおしえてね♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/160-51e5abe1

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |