プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
ストレスが ガン細胞に作用?中部大学の大塚健三教授の研究より
適度なストレスが ある方が^^
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

人生には ストレスがある。
ストレスのない世界はない。
逆に 適度なストレスは 自らを鍛える糧になる。


がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


たとえば 細胞に 正常温度より 5~10度 高い温度(熱ショック)
というストレスを与えると今まで ほとんど合成されてなかった
いくつかのタンパク質が顕著に 合成される。
この熱ショックタンパク質は 細胞を 環境ストレスから防護する
ように 働くものであり
ガンや 神経変性疾患などの治療において 有効利用が 期待されている…
と 中部大学の大塚健三教授が研究されてるそーです。


がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


… もし私に 夫がいて たっぷりお金があり
尚且つ 介護してくれる 親がいて
娘が 頼りがいがあるとする
… たぶん 私は もうブログを 更新できない彼方に
いってしまったに ちがいない…

適度なストレスは 生命力を人に与える。
… 追われた動物のように 社会から身を守ろうと 絶えず気をはってる私…
このストレスが もしかして ガン細胞に 有効なのかも

「大事にされてたら もー死んでたよね~っ」
と ある友人は 言います…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


白い花の名前 色々とありがとうございます
芙蓉(フヨウ)か 木槿(ムクゲ)か…
芙蓉も木槿も「アオイ科」なんですね


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : ストレスがガン細胞に作用 ストレスと癌細胞 中部大学の大塚健三教授

コメント:

■ 質問です

私の母は乳がんで骨や肺にも転移してるみたいです。でも普通に今は入院もせず家で生活しています。母はガンについて私には詳しく話しません。多分心配させないようにしているのだと思います。だから私は母がガンになってからは母の前では泣いたところを見せないようにしています。でもほんと母の前で泣きたいときもあります。やはり母としては娘が自分のことでなく姿はみたくないのでしょうか?どうに接していくのが1番いいのかわからなくて悩んでいます。失礼な質問になってしまうかもしれないのですが、返信を頂けたら嬉しいです。

■ 

その『適度』ってのがね~(´`)=3
何をもって『適度』と言うのか…その辺りが微妙だわ(汗)
どの程度が『適度』かは 自分にしかわからないし…
この見極めが、良い方向に作用するかどうかの別れ道だろうなぁ

長期間ストレス下にあるのに自分自身慣れっこになってて
周囲の心配にも 大丈夫、平気 平気って笑顔で平静を装って、
何かあっても じっと身をかたくしてやり過ごして、
そんなことを繰り返しているうち我慢が習慣になっちゃって…
そのうち耐性ができて、ストレスをストレスと感じなくなったら
自らを鍛えるどころか逆効果にもなっちゃうよッ!…でしょ?
ホレッ 碧さん!あなたのことですよ!!!(笑)

気をはってることで 碧さんが元気でいられるならそれでいい。
でも、あくまでも『適度』を心掛けてよね ^^;

だからさ…碧さんにとっての『適度』レベルを設定して
もし、それ以上のストレスに見舞われたら
泣くなり 喚くなり やけ食いするなり 八つ当たりするなりして
周りを巻き込んで 自分をしっかり守ってネ!
碧さんなら、その辺の見極めはできるって信じてるョ d(^_^o)

だいじにされて 尚且つ 生命力の塊のご長寿チャ-ちゃん(笑)
歳を感じさせない かわいい寝姿だね♪
写真、チャ-ちゃんを包む穏やかな時の流れが感じられる(^^)

■ 

都会の運河に浮く「ボール」と思しき物体
一見何のストレスも無さげに飄々と浮いてるようだけど。。。
多分お世辞にも澄んだとはいえない水に浮かび漂い流されて。。。
碧さんのアートの中では変哲のない物体が語り口をもつのだもの。。。
この場所で、蒼さんと貴女の精神世界に出逢えたことは
私の人生の中でも数少ないエポックに違いない...少し病気に感謝?

ストレス...山ほど抱えてるよ
そして人に弱みを見せることの出来ない性格なので
全部自分で抱え込んで必至で乗り越えようとしてる
そして、ひとつ乗り越えた時は何て賢明なわたし...
と独りほくそ笑み自己満足に浸る(苦笑)
ストレスのある限り「がんサバイバー」だ「再発の恐怖だ」など
気弱になってる暇がないのかも分かんないね
だから時々だけどストレス&懸念の山も がん治療に役立ってるじゃん...
と思う私がいるのも事実(笑)

碧さんの

追われた動物のように 社会から身を守ろうと 絶えず気をはってる私…

この一節、先日読んだ芥川賞受賞小説より琴線に響いたよ(^^)
碧さんらしい表現で心にしみたもの

久々のチャー君ショットの数々
相変わらず艶っぽいね、チャー君は。。。大人の色気? アハハ...
チャー君も元気そうで安心しました(#^^#)

名前はなんであれ炎暑の中、魅せてくれる花達...感謝です♪

■ 

チャーちゃん お口と お鼻
かわいいですね♡

家にも、3匹の 猫が、います。

ストレス まったくないと人は、
生きれないのだと ずいぶん昔に、聞きました。

お身体 ご自愛下さい。
応援しています。

■ なんなの?

大事にされてたら彼方にいってる???
暴言ですよ?

娘さんが何日も泣き崩れたって以前書いてけど泣いただけで放置すか?

失うかもしれない人に、友人や家族が心の支えをせずにいられると思ってるのかしら?

■ 高校野球を見て

暑くてどこにも行けないから高校野球見てます。巨人の堀内を輩出した高校だったから甲子園にこそ行かなかったけど、県内強豪校で倒れるまで応援練習させられたなぁ。ピチピチチアリーダー。私にもあんな時代があった。汚れを知らぬ(笑)赤ちゃんで生まれ青春時代を夢に生き心ときめかす恋をし、人並みに母になり不実な相手に傷つき別れ一生懸命働き娘たちを嫁がせ孫にも恵まれた。平均寿命までは無理でも、87才の母を見送り、できたらこの五匹の猫を看取るまでは生きていたい。母は76才で48才の息子を亡くしているから、母だけは見送りたい。でもこの母、あちこち痛いところはあれども内臓は健康。なんだかなぁ~。早く逝かないと、置いてっちゃうよ!とか?言えないし。碧さんは頼れず甘えられず寂しかったかも知れないけど、やっぱり年の順番がいい。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/163-f3410b3f

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |