プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
人は なぜ 「美しい」がわかるのか
橋本治氏の言葉に 考える
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


人は なぜ「美しい」という感情を 抱くのだろう…

橋本治氏は 「美しい」は 直接的には 生活の役に立たない
発見なのだという。

私達は 生活上の利害とは無縁な
リラックスした思考停止を 受け入れられれば
一輪の花や夕焼けの美しさにも 気付く…

一方 そんな思考停止を 恐れて身構え続ければ
いつか 「美しい」が わからなくなる。

この「美しい」という実感の背後に あるものは
何なのか…
人は なぜ「美しい」という感情を抱くのだろうか…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

橋本氏は それを「幸福の実感の余韻」だと 示唆する。

また 氏は 大切なものを発見するためには 大切なものと
つきあわなければならない… そして 世界が美しさに満ちて
いることを捉えた人は たとえ社会が崩壊したとしても
嘆く必要はない とまでいう。

それほどに 「美しい」を実感し得る人は
根源的な力をもつのである。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 橋本治

コメント:

■ 

初めてコメント書きます・素晴らしい写メ本当にいつも感激しています
これからも影ながら、応援してますので、どうか身体に気をつけてこれからも無理せずにガンバです

■ 

碧さんこんにちは☆
お花綺麗ですね(^^)
毎日暑い中必死に咲く命に私も感心させられます。
夕方日が傾いてから、旦那さんと散歩するのですが夕日や虫の声、道端に咲く花に心癒やされています。
私が住む所は田舎なので星もたくさん見れます☆
身近なものに美しさを感じ、幸福感を味わえるって幸せですね(*^O^*)

■ そして…

そこに生があるから…。人も花も空をゆく雲も、一瞬の虹にも始まりがあれば必ず終わりが訪れる。何百年生き続けた大木にもいつかは朽ち果てる日が来る。短い時を偶然にも共有した喜びも美しいと感じるのではないでしょうか。

■ 幸せに気づく事

碧さん、こんばんはm(_ _)m

美しいと思えるって、幸せなことだと思います。

『美しいと思うあなたの心が美しい』
こちらで有名な詩人の方のコトバです(^^)/

道端にけなげに咲くお花
街を、空をやさしく染める夕暮れ時
芸術家な神様の、自然界のアート……

これからも素直に美しいと感じられる自分でありたいなぁと思います♪

ブログの更新が増えて、すっごくうれしいです!
これからも応援しています(〃'▽'〃)

■ 

美しいと 感じられるのは、
心が 豊かなのだとも 思います。
小さな 花を愛でたり、動物を、愛したり 幸せですよね。

それから家には、ワンコも
います。動物園なみ♪言葉は、ないですが(ニャとかワンしか)かわいい子たちに、癒されます。
美しい幸せな一瞬、一瞬が
あなた様に、たくさん、たくさんあります様に。また、美しい、お写真見せて下さいm(__)m

夏草と、滑り台。。デシャブ、幼い頃の夏休みの もの哀しさを
感じました。素敵ですね。

■ 心和むものたち

またまた深い言葉...
賢明な人は私がぼんやりと受けとめてることを
整然とした言葉にできる
碧さんにも橋下治氏にも敬意の念を表さずにはいられません

「美しい」と感じる心
私の場合、それは時として「可愛い」でもあったりもするわけだけど(笑)
私なりの「美しい」「可愛い」に出逢ったとき確かに
深い幸福感に浸ることができる
これらを感じることは私にとっては確かに幸福の実感の余韻...というか
むしろ幸福の実感以外の何ものでもないんだよね♪
そのとき気持が後ろ向きだったとしたら
その美しさや愛らしさはポジティブな要因となって
前向きな笑顔の私がいるんだよね
なんて「単純な自分」と苦笑いもするけど...

碧さんのスタンス
今でこそ前向きに治療中で未来に繋ぐ静かだけど
強い意志で歩んでる碧さん...共感してます
でも、余命告知まで受けてしまった当時は
ご自身はもとより、自分がしょってる全てのものにたいして
ご自身のこと以上に心の中で泣く日々だったと思います
自分を心底案じてくれてる人たちの悲しみの重さ
ある意味余命告知より辛いんだよね

「美しいもの」を愛でる心はもとより
自ら美しいものを創世できる蒼さん
「美しいもの」からパワーを貰って頑張ってね...応援中です(^^)v

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/164-d5087701

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |