プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
私だけの時間
思いは 行きつ戻りつ…
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


(長生きだけど?…)
末期癌患者だから… 自分だけの時間って いっぱいあるだろう
なんて 世間?の人に思われますが…

家族のために 治療のために 認知症の猫のために?
殆んどの時間が 費やされ…
気が付くと 自分だけの 自分自身に戻れる時間が
沫のように 消えていってしまいます…
家族も治療も 大切かもしれないけど
自分自身である時間は もっと大切なんだと 感じます。

残り時間は 少なくなっているのに……
自分自身を 最終列車が発車するまでに 見つけなければ…
と 焦ります。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

ゴーギャンは 家族を捨ててまで 自分を探しに タヒチに行って絵を描いた。
「われわれはどこからきて 何処に行くのか」
ゴーギャンならずとも その問いをぶつけたくなります…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

ふと 読んだ本に こんな言葉が…
「人間は 自分の時間をどうするかは 自分自身で決めなくてはならない。
 だから 時間を盗まれないように 守ることだって 自分でやらなくてはいけない」
…と。
ガ~ン


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

コメント:

■ 自分さがし

自分を模索出来る時間を持てるのはガン患者の特権?

健康な者は時間に溢れてると錯覚する日々を享受し
時の真の 重さ 大切さ を知ることなく人生の終焉を迎えるかも知れないけど....

己の人生のリミットを突きつけられたりなんかすると
まず絶望し、焦り...そして悔いなく過ごしたい思いに駆られて
やりたいこと、やっておかないといけないことの整理

それって一つの人生のカタチとして「上等じゃん」て思うの

だからこそ自分自身の時間も人一倍必要なわけで
病気以前の日常に相変わらず縛られる日々は苦痛だけど
だからって投げ出せないし. . . 碧さんの葛藤つたわるよ
そんな中での自分探しの時間、難しすぎて私如きでは答えはでない(^^;)

人生とは何ぞや、ヒトは何処から来て何処へ行くのやら
「永遠のテーマ」だけど単純な私はダレかに必要とされている
それが私の存在価値、生きている意味 と定義づけてるの
そのために何処かから来て、役目を果たした時に黄泉のくにへと旅立つ
なんてね (^^) ただしこんな風に思うようになったのは60歳過ぎた頃から(笑)

あなたの写真の中にはしっかり碧さん自身がいるよ
今回のショットも「静寂」と「美」と更に碧さんの言葉と裏腹に
しっかり自分自身を見据えている(見つけている)貴女がつたわるもの
美しい晩秋をありがとう

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/177-8b515896

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |