プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
STAP細胞 小保方晴子博士と若山照彦教授
今日は碧ちゃんはお休みです
STAP細胞 小保方晴子博士 若山照彦教授 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


はらです。「碧の日記」をお手伝いしています。

碧ちゃんと久しぶりの電話で、STAP細胞の話をしたら、
なぜか、碧ちゃんが1回お休みで、はらが書くことになりました。
ご容赦ください。
(写真は、すべて碧ちゃん提供です)

STAP細胞 小保方晴子博士 若山照彦教授 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

STAP細胞は、理化学研究所・発生再生科学総合研究センターの
小保方晴子(おぼかたはるこ)博士達が作製した万能細胞。

STAP : Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency
日本語では、刺激惹起性多能性獲得細胞。

刺激 惹起性 多能性 獲得 細胞。
刺激を与えることで、さまざまな細胞になる能力を持つ細胞になる、
つまり、一旦分化した細胞が初期化されて分化前の状態に戻った、
と…

刺激を与えるだけで初期化できた、というところが、
2012年にネイチャーに「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」
と言わてしまったわけですね。

たしかに
京都大学の山中伸弥教が作り出したiPS細胞は、
細胞の核に特定の遺伝子を入れて…
と、なんだかものすごく大変そうですが。
弱酸性溶液に30分…
と、聞くと、ビオレママが出てきちゃいます

この研究に携わった人たちの一人、現山梨大学の若山照彦(わかやまてるひこ)教授は、 
世界初のクローンマウスを誕生させた人なんですね。

若山照彦教授の過去の記事が面白かったです。

若山照彦 理化学研究所インタビュー - Researchmap リサーチマップ
http://article.researchmap.jp/tsunagaru/2011/08/

この人に聞く「生命に関わる仕事っておもしろいですか?」
第11回 独自のアプローチでクローン技術の再生医学への応用をめざす

http://www.terumozaidan.or.jp/labo/interview/11/index.html

いつかマンモスとか恐竜とか、クローン技術でよみがえる日が
来るかもしれない
ただそうなると…
ヒトもつくれてしまうかもしれないわけで…
カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』の世界も、そう遠くない
未来なのかもしれない…

以上、とりとめのない話で失礼しました。 by はら

STAP細胞 小保方晴子博士 若山照彦教授 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

理化学研究所の「60秒でわかるプレスリリース
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140130_1/digest/


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : STAP細胞 小保方晴子博士 若山照彦教授 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

コメント:

■ Re: 蟹座の中高年様

コメントありがとうございますi-178

私はやっぱり「管理人」です^^;
そろそろ碧ちゃんの出番です^^

■ 

はらさんのコメント興味深く読みました

STAP細胞 医療は間違いなく日進月歩しているのでしょう
今後 期待していきたいですね!!

はらさんの文章と碧さんの写真 各々ステキ♬♬で
とてもマッチしています (^_-)-☆

お互いを思いやる気持ち・お二人の心のきずな❤が
見えてきます
病を治す一番のお薬はこれ!!!なんじゃないかな~

病気になって嫌なこともたくさんありますが
お二人がつくられている「碧の日記」を見て
微笑ましい気持ちになります♬

碧さん お大事になさってください


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/196-3aba35cc

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |