プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
桜が咲きました
チャーも持ち直しました
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


桜が咲くのが哀しい と 思ったのは 初めてです。
桜が散ってしまったら 私はどこに心をもっていたら
良いのでしょうか。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

チャーといられる幸せ…
チャーのぬくもりが 私のすべてでした。

皆さまには ご心配をおかけしております。
いつも温かいコメント ありがとうございます。
チャーの容態が 毎日変化し
私も ついてゆくのにやっとの日々でした。
チャーは ここ何日かやっと持ち直し…
チャーの寝ている姿が 恐ろしく。
半狂乱で 体温を確めることから
今 少し 解放されております。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

「人 全世界を受くるとも 己が魂を失わば 何の益かあらん」
だったでしょうか…
花や いつも私を楽しませてくれる小路さえも
いつものひかりを 失ないがちな日々…
去られることが 去っていくものよりも辛いということが
やっとわかりました。
私は 傲慢でした…

この世の幸せは お互いのぬくもりを 感じること…
そんなsimpleなことなんだと 思わずにはいられません。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー
写真は 3週間前に 認知症が進み
ところ構わず 放尿してしまうチャーです…


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

コメント:

■ 愛しの チャーちゃん。。

愛しい ぬくもりですね。

チャーちゃん、よかった( ノД`)…
ずっと気になっていました。
碧さんに、たくさん甘えて幸せね。幸せだから、まだまだ長生き出来るよね、チャーちゃん

桜、美しかったですね。
碧さんの、写真、素敵だわ。。
これからも、たくさん見せて下さいね。

■ 桜咲く・・・

チャーが復活して碧さんにもようやく春がきたようですね
言い換えれば碧さんの思いがチャーを生かしている様な気がします
今を楽しみましょうね!

私が愛する猫を失ったとき、慰めてくれたお話があります
私はまたいつか逢えると思っています
コピペですけど…


虹の橋
天国の一歩手前に、虹の橋と呼ばれる場所がある。
誰かととても親しくしていた動物は、死ぬと虹の橋へ行く。
そこには動物達のために丘と草原が広がっていて、動物達は皆一緒に走ったり遊んだりできる。
充分な食べ物と水と日の光があり、動物達は暖かく快適に過ごしている。
病んだり年老いていたあらゆる動物達は、健康と活力を取り戻し、
傷ついたり身体が不自由だった動物達も、再び完全で強い身体を取り戻す。
過ぎ去った日々が、まるで夢であったかの様に。
動物達は幸せで満足していたが、ただひとつだけ足りない物があった。
とても大切な誰か、残してきたその誰かがここにいないので、心に穴が空いてしまうのだ。
動物達は共に走り回り、遊んでいる。
しかしある日、その中の一頭が突然立ち止まって、遠くを見つめ出す。
彼の輝く目が一点に集中し、彼の身体はたまらずブルブルと震え出す。
彼は突然、仲間の輪から外れ、飛ぶように草原を駆け出した。
あなたを見つけたのだ。
そして、とうとう出会う事ができた時、あなた達は再会を喜んで絡み合う。
もう二度と離れ離れになる事はない。
歓喜のキスがあなたの顔面に降り注ぎ、あなたの両手は愛しい彼の頭をなで回す。
そしてあなたは今一度、信頼のまなざしを向けるその瞳をのぞき込んだ。
長い間あなたの前から姿を消していた、しかし、決してあなたの心から消える事のなかったその瞳を。
そしてあなた達は、一緒に虹の橋を渡るのだ。
原文:作者不詳
訳:たつもとちまき


■ 

チャーちゃん、
落ち着いてきたとのこと、ホッとしました。

チャーちゃんが苦しくないように 寂しくないように…って
碧さんが 心細さに負けないように 看病疲れのないように…って
心配するだけで何もできないけど、一生懸命祈ってました。

私も かつて 長く一緒に暮らした愛猫を看病した経験があります。
自分の分身のような かけがえのない存在の子でした。

それまで粗相をしたことのない子が トイレにも行けなくなって
本人も戸惑って ものすごく悲しげで 
何かを訴えているんだけど 上手くわかってあげられなくて
哀れで 申し訳なくて 自分の無力が情けなくて 泣きました。

長い間、言葉なんか通じなくても 分かり合えてると思ってたのに
一番苦しんでいる時に 全然わかってあげられなくて
それなのに 必死に私を頼ってくれて 私を求めてくれて

元気な時に 留守番ばかりさせてゴメン 
甘えてくれたのに うるさいよ!って言ってゴメン
テレビや本に夢中になって 無視してゴメン
全部反省してる 後悔してる 
もう絶対しないって約束するから もう一度元気になって!って
身体をさすって 抱きしめて ひたすら泣いて祈る毎日でした。

碧さんとチャーちゃん
おふたりには まだまだ 時間があります。
どうか チャーちゃんにたくさん話しかけてください。
しっかり抱きしめてあげてください。
もし謝りたいことがあれば きちんと謝って
伝えたいことがあれば ちゃんと言葉にして伝えて
これでもか!ってくらいの愛情を注いであげてください。
そして、碧さんご自身の休息も上手に確保してくださいね。

これからの日々が チャーちゃんと碧さんにとって
穏やかで 悔いのない時間になるよう祈っています。
どうぞ おだいじに。 
  

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/204-019e6177

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |