プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
孤独なモンロー マリリンモンローのノートより
モンロー がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

マリリンモンローのノートに書き記された孤独…
「ある人の真実は 所詮その人だけのもの…
 私達の一部分が 他人に触れられるだけ…
 他人の真実は 所詮その人だけのもの…
 私達が分かちあえるのは
 他の人達に受け入れて貰えると わかってる部分だけ…
 だから 多くの人は 孤独」
 (マリリンモンローのノートより)

モンロー がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

…マリリンモンローほど 孤独を感じた人は いないだろう…
その孤独が あの稀有な輝きを もたらしたとしても…
遠い海を隔てた そして人種も言葉も 時代さえも違う
女性の眼差しが浮かぶ…
ため息さえも…

モンロー がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

近くの公園に 藤の花 咲いてました

モンロー がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : モンロー がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー マリリンモンロー

コメント:

■ 孤独も中々良いものです ♡

お久しぶりです

藤の花 私も公園で見ています 

マリリンモンロー が亡くなって50年が過ぎたと思うのですが
・・・・・今でもファンがいて慕われ続けているのですから
幸せな人だと思います 

私が死んだらそこまで思い続けてくれる人はいないんじゃないかしら?まあそれはそれでいいんだけど ('◇')ゞ

人は皆孤独だと思います 孤独から見えてくるもの 感動することもたくさんあります 

乳癌の手術をして退院した時 無性に太平洋の海が見たくなって一人で海辺を散歩しました
波の音を聞きながら・・・・・癒されて・・・しばらくしたら元気が出できて・・・♡
山もいいですよね!

人の言葉・話に励まされることも沢山ありますが
私の場合自然に癒され励まされることの方が多いのかもしれません

人間も自然の一部だと思っています (*^^*)

ちゃーちゃん 元気になってよかったですね ♡♡♡



■ 

彼女は すごく知的で物静かな女性だったと聞いたことがある

もしかしたらあの美しく華やかな容姿が
彼女の孤独をより深いものにしたのかも…

彼女の本質を見抜いて愛してくれた男性にすら
上手に自分をさらけ出すことができなかった…というか
多くの人に囲まれているからこそ知る人に去られる恐怖
それに彼女は怯えていたのかもしれない

でも、囲む人の数が増えれば増えるほど
虚像と自分との境界線が不鮮明になって 孤独は深まる

人を繋ぎ止めるために 本当の自分をひた隠して
仕事だけでなく 実生活でも
求められる姿を演じ続けていたとしたら 寂しかっただろうな

誰かに救いを求めることも  愛する人にすがりつくことも
華やかな彼女には許されなかったのかもしれないし
もしかしたら いつしか 彼女自身も
それを許せなくなっていたのかもしれない

自分で自分を否定する…それこそが本当に孤独を味わう時なのかも

お化粧を落として 涙で顔をぐちゃぐちゃにして
大好きな人 大切な人に
本当の自分を愛してくださいと言えたなら 彼女は救われたかな

日常生活の雑事に身も心も振り回され
悲鳴を上げる身体を騙し騙し 
なりふり構わず やっとの思いで その日その日を生きている
そんな女にだって孤独はある
ある意味こっちの方が ヘビーな孤独かもしれない

それでもいいなら 私と代わってみる?
ノーマ・ジーンに訊いたら なんて答えただろう…(笑)

■ 

チャーが元気になってよかった。本当に良かった。
神様、何卒、宜しくお願いします

■ 

碧さん 哲学してますね
俺は最近サワラばっかり食ってます

■ 

誰と居ても 何をしていても、
孤独を感じます…人間って
皆、孤独なものでしょうか…

藤棚から こぼれる紫と、碧が
美しいですね ほんと素敵な、
写真。。
碧さんの撮る『碧』は、なんともいえない透明な綺麗な碧。
うっとり見惚れました。
ありがとうございます。

お身体ご自愛下さいね。

■ 花咲き競う頃

ブルーに沈む藤?

先だっての桜はキュートなコーラルピンク
今回の藤は大人チックなブルー...蒼さんワールド炸裂?

などと洒落っ気を微塵も感じないオバちゃんトークは横において...

偶像の孤独...マリリンならずとも洋の東西を問わず皆孤独だよね
エンターテイメントに於ける卓越した才能や容姿を神から授かり万人より愛され
ダレもが望む全ての物質的なものが身の回りにあり
羨望され時には嫉妬もされ輝く彼ら...
でもね、ここからが残酷な真実(__;)
彼らの存在は「人の気持」にかんたんに左右される...人気という魔法にね
人の気ほど移ろいやすいものはないよね...それを失ったとき
同じく周りの全てのものを失ってしまう...孤独感に苛まれる
気の毒なことに、何故か一様に偶像達は身内ですら金銭が絡み
埋められない距離ができてるんだよね
もちろん我々 ※「フツーの人々」も孤独です
でも少なくとも自分の周りの人を、このヒト実は私の財産目当てなの?
なんて疑心暗鬼にならないでいいだけ孤独から逃れられそうよ(笑)

華やかなフジの花
でもその実態はメランコリックなブルーで包まれてる孤独な心
わたしには、そんなふうに映りました...勝手な妄想お許しあれ〜

碧さんの深い想いが反映されているのかと思わずにはいられない
最高の色調の中で輝く写真たちに出逢ったとき、私は孤独感から解放されました
わたしのイチバン居心地の良い場所を見つけたからです

碧さんもチャー君もうんと長生きしないと許さないわよ(#^^#)

※蛇足...昔 R レッドフォードが監督した「普通の人々」という
素晴らしいハリウッド映画がありました
あの映画の静かだけど、深く心に響く世界,碧さんの作品と重なります

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/209-4db53e13

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |