プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。


小トリップ
太宰治 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


コトリップ
…こんな書き出しで始まる素敵な「旅」
…のお話をできたら どんなにか良いでしょう。

旅に必要なアレコレを買い求める 幸せ?な人達…
旅先で 旅人におこる 素敵なハプニングに 想いをはせます…
いつか 見知らぬ駅で 見知らぬ人に 微笑む私…
(妄想は続く…)

GW 風邪をひいてしまい まったく動けませんでした
…トホホ
神様の意地悪…

でも 先々週 私の5月は 今年が最後かもしれない
(また同じこと言ってすみません)
と 思いつつ 小さな旅に出かけました

横浜…
品川から17分ほど…
だから 小トリップ…

「生きて行く力
 いやになってしまった活動写真を おしまいまで 見ている勇気」
(『碧眼托鉢』)

…この 人生を斜に構えた皮肉屋さんの言葉に誘われて
神奈川県立近代文学館に「太宰治展」を 見に行きました。
誘われるようなフレーズじゃない?
人間 前向き志向だけでは 生きてはいけなく…
「負」の気持ちも 大切だと思います。

白は 黒をバックにしてこそ 映えるのよ…
なんて
ただ 単純に 好きだから 行ってみました。

文学館を出ると すぐ前に 横浜ベイブリッジが
木々の合間に 見えます。

太宰治 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

となりに 港の見える丘公園があり
マリンタワーも 見えて…
抜群の天気でした

太宰治 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

…「太宰治」…
病気を患い 痛み止めの 麻薬 ヒロポンを購入するため
生活苦だったとか…
あの時代は 高額療養費制度とか
今の医学で使われる医療用麻薬とかは なかった時代…
さぞ辛かったことと思います…

医学の進歩によって 私達救われてるなーと感じ
横浜をあとにしました。

「一粒の麦もし死なずば…」
というけれど
類いまれな才能を 死で開花した「犠牲者の痛み」…

太宰治 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

なんだか身近に感じられ
坂を下るころには 美しい公園の景色とともに
「生きる勇気」ももらえました
(どんな精神構造か?)

6月の桜桃忌 三鷹に行ってみたいな

…皆さま お風邪など ひかれませんように
お過ごしくださいませ

GW全滅碧の日記より

太宰治 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 太宰治 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

コメント:

■ 小トリップ・・・

小トリップ…素敵な言葉ですね
桜桃忌は6月19日禅林寺でしたか?また小トリップできるといいですね
考えてみたら、太宰が玉川上水で入水自殺したのは38歳ですからずいぶん若くして亡くなってしまったものだとあらためて思います

私は左目を失明し右目の視力もかなり落ちてきたので、今のうちにあちこち素敵なな景色を目に焼き付けたいと焦っているのですが、体調がすぐれずままなりません
動けるうちにもっともっと色々しておけばよかったと少し後悔しております

碧さんのマリンタワーの観える画像は子供の頃に慣れ親しんだ景色だったので懐かしくて思わず涙が出てしまいました
今は遠く離れた地方にいるので嬉しかったです

碧さん…お身体を大切に素敵な小トリップ続けてくださいね
(*^_^*)ノ

■ 

小トリップいいですね♪

太宰 とても好き…と言うか、恋しました 学生の頃。これ あまり言えません 汗…言ってしまいましたが(;・∀・)


悲しい人ほど よく笑う…
道化… しっくりきてしまいます。桜桃忌 行ってみたいです。

碧さんお風邪 もう大丈夫ですか。。
ご自愛くださいね。

■ 

今回の小トリップ、とても素敵な旅だと思うな
17分かけて移動した場所は あくまでもスタート地点
そこから始まる時を超えた壮大な旅
旅の収穫は移動距離にあらず…だと思うよ(笑)

己の内を文字にする
それで知識や感情が枯渇するでもなく 
文字にした以上のものが 更に速度を増して蓄積されていく
そんなすごい人たちが名を連ねていた当時の文壇
それぞれ 独自の視点・価値観 異なる苦悩を持ちながら
それでいて網の目のような人脈と親密な交流があって…
すごく不思議な世界だよね

当時の往復書簡とか見ると、作品からはわからない人間性とか
それぞれの距離感とか 互いへのリスペクトとか読み取れて
ご本人に会いたくてその時代に小トリップしたくなっちゃう(笑)

太宰治、おなじみの端正で物憂げな表情の写真を眺めるたび
しみじみ もったいないなぁ~と思うわけで…
美しい容姿 傑出した才能 そして命
彼が不要と判断したそれらの どれか一つでも持っていたら
オバサンは今よりだいぶ楽に生きていける気がするんですけど(笑)

もうすぐ桜桃忌かぁ…近いけど まだ行ったことない(^^;
今年は桜桃忌に小トリップしてみようかな~
墓前のお線香の煙の中で 碧さんと私が
互いに気づかないまますれ違う…なんて、楽しいね(^◇^)

今日の写真も胸がキュンとした♪
横浜…どんどん変わっていくけど 何故か懐かしい風景だわ

■ 名画のような写真ステキです!

わたしもです...風邪引きました〜
喉をいためて声もでない有様です

太宰とは本気で対峙したことのないあんみつなので
彼のはかない死だけが頭に残り...
残された聡明なお嬢さまは父親の死を
思春期にどんなふう感じたのかしら...などなど
その辺りが妙に気になった私の思春期思い出します

旅とは...心の解放の第一ページと思うの
だから行く先、距離 関係なく何かしらの目的をもち
その場所に行き、そのページに何かを残せたら
それは至極の「旅」じゃないのかしら...気障?(笑)

碧さんの横浜への「コトリップ」素敵な旅です
同じガラスのハートの太宰に触れ
横浜の空気をまとい,羨ましい旅だこと
関西生まれ関西育ちの私はマリンタワーを
一瞬スカイツリー?なんて...
そうだよね、景色ちがうよね 横浜 大好きな街です

碧さんのマリンタワー 何故か教会の賛美歌が私の脳裏に響き
ロザリオに見えます...なんて私は仏教徒ですが(苦笑)
「アナ雪」で流れてた北欧の賛美歌的な合唱も荘厳で良かったね〜

ネガとポジをミルフィーユのように繰り返し重ねて
人生は紡がれるんだね
負の気持があるからこそ小さな幸せや喜びも倍増だものね

ノーテンキな日々を過ごしてますが
碧さんには何時も心を覚醒させられます、ありがとー

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/212-a662d6bc

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |