プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
新聞
金沢八景
金沢八景 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


…とある新聞に載せられていた
オーストリアの元文部次官 声楽家サイフェルト博士の
ちょっと 面白いお話。

金沢八景 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

ある日…
生命がいつから始まるのか議論している 駆け出しの聖職者達がおりました。
そばのベンチに 老婦人が座っていました。
「彼女なら知ってるだろう。聞いてみよう」
といって 質問します。
「私達は 人生が一体いつ始まるのか考えているところなのですが
 貴女は どう思われますか?」
老婦人の答えは こうでした。
「そりゃあ 子供が成長して 巣立っていって
 夫と 飼い犬が亡くなった時さ」
と……(笑)

そう。
その老婦人は まさにその時点から 自分の人生に ついて考え
そして 彼女自身の人生を 「生きる」時間を得たのです。

金沢八景 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

… というお話しでした。
… このお話… 飼い主と(私にはおりませんが…) 飼い犬(または飼い猫?)が
居なくなった時こそ 本当の人生を生きる時間だということなのでしょうか?
… 本当の人生の時間短すぎ… です… けど…

金沢八景 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

… 徒然草…
金沢文庫。
静かな池に 永遠を感じました。
昔の人達のざわめきと 静寂…

金沢八景 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 金沢八景 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

コメント:

■ 

あはっ!面白い話(^^)
その時の若き聖職者諸君、どんな表情をしたんだろうか(笑)

老婦人の言葉…素敵だな
そう言えるのは 長く真面目に生きてきた証だよね
毎日の家族の食事のメニューを考えるのと一緒で
きっと 生き方も死に方も 
自分の好みや希望より 家族を優先して考えて来たんだろうなぁ
で、ようやく(?)一人になって 初めて
どう生きるか どう死ぬかを自分で決められることになって…
でも それからが本当の人生だとしても
彼女は きっと そんなに長い時間は要らないのかもよ
こんな素敵なことを言える人は
多分 家族のために生きることで十分幸せだったはずだからネ
一人で生きる本当の人生なんて
ほどほどの期間あればそれでいい!ってことかも(笑)

それに…老いた身で さぁ人生が始まります!なんて言われても
その時 経済的にも体力的にも 楽しめる状況にあるかが問題よね~

本当の人生なんて それほど長い時間ではないのかもしれない
もしかしたら 老いてからのひととき
本なら最後の数ページだけなのかも…
だから そこをしっかり きちんと締めくくらないと
それまでの人生がグズグズになってしまうのかもしれない

このお話の老婦人とは違って
この歳になるまでグズグズに生きてきた私としては
最期をどうまとめるかが課題なわけで(^-^;
せめて 最後の「本当の人生」の部分くらいは
無難にすっきり締めくくりたいもんだわ(笑)

■ つれづれなるまゝに

人類の永遠のテーマ
人は何処から来て何処へいくのか
生命の起源は...?

老齢の婦人の言葉...
若くもないこちらにも伝わるところあるけど
それより何より周りの大切なもの全て失って
「人生の始まり」?
なんだか淋しい...

嵐にも見舞われる人生であっても
大切なものたちと過ごす時間こそが人生そのもと感じたいよ(__;)

そして、いずれくる別れ...それは必然であって
そこから先は大自然・大宇宙を道連れに終焉に向けて
それこそ第二の人生のスタートかなと思ってる

人生は色んな章で綴られるドラマなのかな〜 なんて
しがらみや、己の時間ももてないほどダレかのために
生きる(生きた)時間も今思えば愛おしい時間...人生そのもの

碧さん,短いようでこんなにも?って長い時間でもある
サバイバーの時間...おおいに活用しようじゃない!?

静寂で透き通った写真...
何故か驕れるもの久しからずの祇園精舎の鐘の声 きこえたよ(^^)v
脈絡ないけど(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/214-84d8c2d4

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |