プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
チャーの介護

ネコ介護 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


ずっと 放尿や遠吠えで わが家を 迷走させていたチャーが
一昨日 急変し 寝たきりに なりました。

食事もとれず 自力では もはや 歩くことが出来ず
ワンちゃんシートに 寝たまま放尿…

お水とヨーグルトを 抱きかかえて首を固定させて 飲ませます。

… 抱っこをすると その軽さに
… 胸をつかれ 涙が溢れてきます…

でも 穏やかな 任せきった幸せそうな表情…

ネコ介護 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

私とチャーに贈られた 最後の大切な 時間…
「ギフト」…

チャーといた豊饒な時間は
いつまでも私の心の中で 消えないと… 生き続けると
確信できたから…
今は チャーといられる時間を 楽しみます

ネコ介護 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

いつも 応援 して頂き 本当にありがとうございました。
チャーは おかげさまで 奇跡をおこし 余命をのばし
私は やっと すべてを 受け入れることができました。
ありがとうございました。

ネコ介護 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : ネコ介護 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

コメント:

■ 本当につらいですね。

我が家にも17か18歳になる雄猫ヒロシが居ます。
最期は少しづつ忍び寄ってきているのを感じながら、それでも、
一生懸命生きているので一日でも長く生きてほしいと願いながらの毎日です。
チャーたんは幸せですね。少しでも長く生きて、苦しまないで居てほしいですね。
悲しみではなく、天国にちょっと早く行けるのもある意味うらやましいかもですよ。私たちもいずれ旅立つ身、待っててくれるはずです、きっと。
でも、また、奇跡が起こるかも。

■ 

碧さん 辛いよね…大丈夫?
でも チャーちゃんの穏やかな表情見て安心した
二人で静かな時間を過ごせているんだね

ウチもワンちゃんシート 使ったなぁ…
私ね 愛猫の看病している時思ったの
この子の体調には 私の心境がすごく影響している…って

愛猫に安心してもらうためには
まず こちらが穏やかな気持ちを持たないとダメだね

もちろん 病み衰える姿を見るのは辛いし哀しい
平常心でいるなんて絶対無理なんだけど… 
ぬくもりを感じながら ゆっくりと身体を撫でて
子守唄を歌うように 楽しかった日々の思い出話をしていると
だんだん 自分自身の気持ちが落ち着いて来て…
取り乱してゴメンね ビックリさせちゃったね  
これからは苦しい時怖い時は 我慢しないで甘えていいよって
そう言ってあげられるようになって…

これだけ頑張ったんだから 苦しかったらネンネしていいよ
ママは大丈夫だから 心配せずにネンネしていいからね…って
心から そう思えるようになったの

結局 この子は 苦しくても 辛くても 朦朧とした意識の中でも
私を気遣って 頑張ってくれていたのかなって思うと
愛しくて…たまらなく哀しくて…
絶対 穏やかな時間の中で 安心して眠らせてあげたいと思って…

だから 最後の最後のその時まで 耳元で 
大丈夫だよ 怖くないよ ママはいつも一緒に居るからねって
ネンネしたければ もうずっとネンネしていいんだからね
そうしたら もう苦しくないし 怖くもないんだよって
そう言い続けていた…
あれは 愛猫に言っていたのか 自分自身に言っていたのか 
どっちだったんだろうな…多分…多分 両方だろうな… 

チャーちゃんは碧さんの声を聴きながら 楽しい夢を見てるはず…
2人きりの穏やかな時間 悔いのないよう大切に過ごしてください

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/215-d791bc8d

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |