プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
骨壺
チャーと私の時間
ネコ骨壺 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

チャーは 26日午後2時24分 私が見つめる中
静かに 眠るように 息をひきとりました。
大往生でした。
チャーを看取ることができて 幸せでした。
これもひとえに皆さま方のおかげだと
天国のチャーと 私…
本当に感謝しております。
こんな私達を 温かく見守ってくださり 本当にありがとうございました。
最後に 二人で 長く温かい素敵な時間を持てたこと…
それが何よりの幸せでした…

ネコ骨壺 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

27日午後 チャーは 骨壺と 可愛い爪が入ったカプセルになって
私のところに戻ってきました…

チャーと私の時間…
一晩中固くなったチャーと語り続けた夜…
私がこんなにおしゃべりな女だとも…
チャーがこんなに無口な男だったなんて 知りませんでした…
心の中に 深い 穴があいてしまったような気がします…
チャーがまだ 遠くにいってしまったようには 思えないけど…
追いかけなくとも 何故か 近くにいるような気持ちがします…
私をおいて そんなに 遠くに行けるのか
気が付くと いつもみたいに チャーを一喝している私…

ネコ骨壺 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

まだまだ チャーと私の旅は続くのです。
かたちあるものだけが すべてではないと 教えてくれたのは…
チャーだから…

私はチャーと一緒に 魂の旅を これからも続けていこうと思っています…

チャーにいっぱいの応援 ありがとうございました。

ネコ骨壺 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

ネコ骨壺 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : ネコ骨壺 がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

コメント:

■ 犬

私は、犬を6匹飼っていましたが、同じ5月26日朝一匹のビションフリーゼを自動車事故で亡くしました。一番若い犬で、まだ9ヶ月でした。残った5匹には、その犬の分まで面倒をみるつもりです。チャーちゃんは、すばらしい飼い主に出会ったんですね。きっと、天国から見守っていることでしょう。

■ 

体調いかがですか 私のちゃあくんも昼間は居間に夜は布団の横に、今も一緒です 私が骨になった時、1片でもいいから同じ空間に入れて欲しいから あれからもう8年がたとうとしています 私のちゃあくんは亡くなる数時間前呼吸困難で辛かった でも泣き言も小言も言わず耐え半狂乱の私を置いて旅立ちました 亡くなる前泣き通しだったのに、亡くなってしばらくは涙は出ずむしろ安堵の気持ちが強かったです 悲しみは1週間近くたってからやってきたのを昨日のように覚えています 前にNHK で高名な学者が話していましたが人が死ぬとき必ず大切な人が迎えにきてくれるのは決して迷信ではないそうです 経験がないから死ぬのは恐ろしいし死にたくはないけど、でもちゃあくんと会えてまたあの長くふわふわな毛に触れ匂いに包まれると思うと自然に穏やかな気持ちになれます 

■ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

■ お察しします

はじめまして。
お辛いですね。私もペットロスずっと引きずっています。
私も碧さんと同じく、怖くて検診が遅れ、先日、
浸潤乳がん宣告を受けました。
これからが不安で不安で、つぶれそうな気持で、こちらに巡り合いました。
碧さんの元気と勇気を少し分け与えて頂けた気持ちです。

■ 

本当に言葉にならないほど哀しいです…
必ず別れは、やってくる…
でも魂は、永遠。。。
また必ず必ず逢えます。碧さんに看取られてチャーちゃん幸せな猫生でしたよね。

犬猫の十戒
十番目…「もう見ては、いられない」「私は、ここにいたくない」と言わず私が旅立つ、その時まで、どうか一緒にいて下さい。あなたに寄り添っていると、私は、うんと安らかでいられるのです。
あなたを愛しているのですから、、

チャーちゃん 安らかに……
またママのところに、まっすぐ戻ってきてね。

■ 想い出…

そうですね…暫くはチャーくんとの想い出にどっぷり浸かるしかありませんね

チャーくんは碧さんの傍をこれからも離れませんよ(^^)
だってチャーくんは、一生の殆どを碧さんと過ごしたのですから、碧さんと暮らす為に生まれてきて一生を終えて、他に何処にも行くところは無いのですから…

もう姿は見えなくなってしまったけれど、きっとこれからも碧さんのことを支えてくれる筈です

大丈夫…
大丈夫…
これからもずーっと一緒…
(=゜ω゜)ノ

■ 

ここ数日 哀しみの中でもいろいろ忙しかったでしょ?
お疲れてるよね…しっかり食べて 休んでる?

そう…私も硬い小さな体を撫でて たくさん話しかけたなぁ
置き去りにされた恨み言を言って 感謝して 泣いて 添い寝して…
それは まるで「この世に二人だけ」って思えるような時間だった

運命が定めた寿命まで 律儀にしっかり生き抜いたチャーちゃん
もしかしたら 碧さんのために
決められた寿命より だいぶ長生きしてくれたのかも…
だから むやみに引き止めたら可哀想だし
ただただ泣いているばかりじゃ 申し訳ないよね
何よりもまず 感謝して褒めてあげないと…ネ

これからは 出かけても
帰りが遅くなるからといって 電気をつけて行く必要もないし
気忙しく用事を済ませて 慌てて帰って来る必要もない
ドアを開けても 待ちわびた顔はないし 不満そうな声もない
長く当たり前だったひとつひとつのことが
変わって行くことに気づく毎日…たまらなく 寂しくて 心細いけど
でも その日々の繰り返しの中で確信するの
あの子は今もそばに居てくれる…って
そして いままで通り 自然に
おはよう ただいま おやすみって言える生活が戻ってくるんだよ

あの子たちが居る天国は 私たちのすぐそば、私たちの中にある!
だから 遠くに行ったわけじゃない!
血統書付の高価な洋猫でもないのに あれだけ大切に可愛がって
長い間 至れり尽くせりの世話をしてきた私たちを置いて
あの子たちが遠くに行っちゃうわけがないじゃない!
それほど恩知らずに育てた覚えはないでしょ???
大丈夫 大丈夫…今日も絶対そばに居て
ママの愚痴やらボヤキを聞いてくれているはずよ!

覗きのオバチャンのただひとつの心残りは
チャーちゃんにお刺身をご馳走できなかったこと…ゴメンよ…
これからお刺身を食べるたび
チャーちゃんを思い出して 胸がキュンとするだろうなぁ…合掌

■ 

魂の旅、究極の旅ですね♪

いいな〜〜〜
わたしも仲間に入れてほしいくらいだけど
お邪魔虫になるのでやめておきます

寡黙な男...カッコいいです
おしゃべりな女...かわいいです

素敵な二人...forever

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/217-6999574c

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |