プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
最後だと わかっていたなら
ノーマ コーネット マレックさんの詩
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたなら
私は もっと ちゃんと カバーをかけて
神様に その魂を 守ってくださるように 祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら
私は あなたを抱きしめて キスをして
そして また もう一度 呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日 繰り返し見ただろう

あなたは言わなくてもわかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら 一言だけでもいい…
「あなたを愛してる」と わたしは伝えただろう

確かに いつも 明日は やってくる
でも もしそれが わたしの勘違いで
今日で すべてが終わるのだとしたら
わたしは 今日
どんなに あなたを 愛してるか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも
明日は 誰にも約束されてないのだということを
愛する人を だきしめられるのは
今日が 最後に なるかも しれないことを

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

明日が来るのを待っているなら 今日でもいいはず…
もし明日が来ないとしたら あなたは今日を後悔するだろうから…

微笑みや抱擁やキスをするための ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと…
忙しさを理由に その人の最後の願いになってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと…

だから今日 あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう…
そして その人を愛していることを
いつでも いつまでも 大切な存在だということを そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう…

そうすれば もし明日が来ないにしても
あなたは今日を後悔しないだろうから…

…最近 ある記事でふと目にした…
ノーマ コーネット マレックさんの詩です

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

幸いにも 私は皆さまのおかげで
チャーを 100万回 抱きしめて
「愛してたのは チャーだけだよ」と言い続け
毎日 キスをして…
…お別れする時間をもつことが できました…
luckyでした…

人は 大切な存在を喪ってみて初めて 「愛」に 気付くのだと
知ることができました

いつも 応援して頂き 本当に ありがとうございました。

皆さまの魔力で 弱ってきたチャーを あの時一度 救ってくださらなかったら
私は いつまでも 自分がチャーに出来なかったすべての事を
悔やみ 嘆き 泣き続けていたことと思います…
最後だとわかっていたから チャーをありったけの愛で包み込むことができました…

だから 皆さまには 感謝しても 感謝しても しきれないほど
感謝しております
本当に ありがとうございました。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

サンクチュリア出版
ノーマ コーネット マレック(作)/佐川睦(訳)
最後だとわかっていたなら 公式ページ



関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : ノーマ コーネット マレック がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー
m(__)m | ホーム | 骨壺

コメント:

■ 大丈夫でしょうか・・心配してます。

碧さん、ずいぶんご無沙汰ですが、ずっとおちこんでいらっしゃるのではと心配しています。
我が家の猫もなんとか生きていますが先は短い気がして、また、チャーちゃんの事もずっと見守っていましたから、どんなに悲しくてお寂しいか心中お察しいたします。
どうぞ、一日も早く悲しみの毎日から脱してくれます様、お祈りしてます。

■ 更新を待っています

辛い治療 チャアちゃんの別れ でも毎日碧さんの更新を心待に待っている者です。碧さんの更新に折れそうな自分を辛うじて繋げています。更新してもらえたら嬉しい

■ 初めまして。

こんにちは、初めまして。
何時も読ませて頂き、陰ながらエールを送らせて頂いていました。
そんな私が、どうしてもコメントをしたく、失礼します。
私もこの1月に我が子同様の20歳の猫を虹の橋に送りました。
半年余り経った今でもまだ実感していない現状です。
うちの子もチャーちゃんみたく、ほんとに可愛かった…。
宝物でした。

碧さんは毎日毎日たくさんの愛情をチャーちゃんとの間に与えたり、貰ったりして生きてこられたん だと思います。
だから、碧さん、大丈夫ですよね?
私は弱虫でまだまだ向き合えていないけど、碧さんを見習ってあの子との20年を大切に思いたいです。
突然すいません。
どうかご自愛下さい。

■ 

二度目です
5月6日に14年2ヶ月私を見つめてくれていた愛犬を虹の橋に見送りました。大型犬なのでこれ以上は本当に無理だったとわかっていたし、自分より先に亡くなったので見送れた責任は取れましたが・・・まだ、涙・涙・・・理解はしていても寂しさはなくなりません。寂しいときは泣きましょう。一人じゃないよ!!

■ 碧さん、こんにちは(=ↀωↀ=)ノノ

ご無沙汰してしまっています。詩を読ませていただきました。自分の両親を思い浮かべました。私は40過ぎていながら両親を頼って生活しています。それだけにとどまらず、イライラを両親にぶつけるコトもしばしばです。私は父や母が亡くなった時に泣くのでしょう。
今日初めて記事を読ませていただいて、チャーちゃんが亡くなったコトを知りました。
道端に捨てられ、一人寂しく亡くなっていくネコちゃんも多い中、碧さんに優しく見守られて天国へと旅立つことができて、本当に幸せでしたね。碧さんに、感謝していると思いますよ。
不順な天候が続きますが、お体大事になさってくださいね。

■ 

こんにちは。
はじめまして。
私も昨年14歳8ヶ月の愛犬を亡くしました。
獣医の先生から「早くて1ヶ月、長くて3ヶ月」
の言葉通りに1ヶ月と10日で旅立ちました。
1週間前まで、自分の足で歩き、
5日前に食べられなくなり、
3日前に水が飲めなくなり、
2日前まで自分の足で歩いてオシッコに行き、
シッポを振り、呼ぶと顔をあげました。
最期の日は家族全員に見守られながら
静かに逝きました。
こうなることはわかっていました。
15歳近くまで生きたのだから、寿命でした。
やれるだけのことはしました。
余命宣告からは、片時も一匹にせず、
家族の誰かが見守りました。
葬儀社に来てもらい、骨になったあの子。
庭に墓も作りました。
でも悲しい。淋しい。
あなたの気持ちがよくわかります。
合掌。

■ 

碧さん、こんにちは。
よい詩ですね✨チャーちゃん 最大の愛で旅立たせてあげられて 本当によかったですね。
これからは、想い出が宝物ですね。私も、チャーちゃん しっかり記憶の中にいます。
虹の橋から、碧さんのこと、見守ってると思います。
だから、どうか、お体ご自愛してくださいね✨

■ 

何だかこちらが泣けてきてしまいます。ちゃーちゃん、本当に幸せだったね。
碧さん、身体無理をしないように。でも本当に愛しい時間が持てて本当に良かった

■ 

この詩、初めて読んだ時 胸が苦しくなったっけ…

身悶えるような哀しみの中で気づく もう叶わないことの数々…
別れの時が突然訪れたなら…辛すぎる

でも碧さんも私も 自分の思いを伝える時間を持てた
それって ママの性格を熟知した愛猫の究極の思いやりだよね
最期まで我々を気遣ってくれて…感謝だよね…

その瞬間が怖くて 心細くて
みっともないくらい泣きながら 抱きしめて 名前を呼んで 
いい子だね 愛してる 大好き ごめんね 置いていかないでと
繰り返し言い続けることしかできなかったけど
でも 今思うと その時間がとても大切だったと思う
確かに刻々と近づく別れを感じる辛い時間ではあったけど
どんなに愛してるかってことを伝えられて
ホントよかったって しみじみ思う

遠のく意識の中で きっと私たちの声を聞いてくれてたよね
聞きなれたママの声 子守唄のように聞こえてたなら嬉しいな~
それとも案外「 眠いのにうるさいよ!」って思われてたりして…
それもまた ママらしさだと思ってくれてたなら嬉しいネ(笑)

急がなくていいから 季節の移ろいにあわせて
ゆっくり ゆっくり 新しい生活に慣れて行ってね
くれぐれも体調に気をつけて…
更新してくれてありがとう 少しだけ安心したよ(^.^)

■ better half ならぬ best half

そう...
ホントにそうだよね
ダレにとっても明日が必ず来る約束なんてないよね
終焉の予告洗礼をうけた者が明日生きていて
全てのものに恵まれ羨望の的の人が
事故かなにかで明日は黄泉の国に旅立っているかも分らない

だから今...大切なのは謙虚に受け止める今
大切に愛おしく生きる今の積み重ねが悔いのない人生と
理屈では分っていても中々今を大切に出来ない(^^;)

チャー君と碧さんは「今」を無駄にすることなく
想いの丈を語り合って時を過ごし...そしてその「今」は
未来永劫ふたりだけのもの...はてしなく続く「今」
思い出の中に生きるチャー君ではなく彼はこれからも
碧さんの「今」を彩る唯一無二の存在にちがいない

果たして、どれだけの人(生きもの)が生涯において
そんな伴侶に巡り会えることか...

ベターハーフ...better half  

言うのは簡単だけど巡り会えるとは限らない
夫でも妻でも、はたまた動物でも(人間も動物だけど
ペットという言葉には馴染めないので彼らは敢えて”動物”)
心から愛し尊敬できる伴侶に巡り会える幸せ...
人生において,これに勝るものはないかもね

碧さんとチャー君、やっぱり ちょっぴり羨ましい あんみつです(^^)

花が少ない季節と思いきや何と美しい「碧ワールド」の花たち
貴女の清廉な言葉や美しい写真は無口な私を饒舌にします
何時も心に沁みる「ほんものの美」をありがとう

■ 素敵な詩ですね

碧さん、はじめまして。
素敵な詩ですね・・何度も拝読させて頂きました。

自分も両親や大事な人、愛する動物と永遠のお別れをした経験があります。そのすべてに「最後だとわかっていたなら」という想いがあります。

碧さんがチャーちゃんと満足できるお別れができた箇所を見て、ホッとすると同時に羨ましく思いました。
これから暑くなります。お身体ご自愛ください。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/218-ed361624

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |