プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
成仏
いい思い出だけが
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧

私の敬愛するお坊さんが こんなふうに おっしゃっていました。

最後に いい思い出だけが 残ること
それを 「成仏」というのです

鷲田清一(哲学者)

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧

この文を読んだ時…
今の私には チャーに関しては
良い思い出しか残ってない
… チャー 成仏したんだ!
… ヤッタ-っ
と思いました。

あんなに 何年も 認知症で 大喰らいで うるさく
毎日毎日 介護で 私を悩ませたのに
夜中に私を起こして 三回も ごはん食べたのに…

(最後に チャーの缶詰買おうと 出したカード
 震えて落としそうになった位 贅沢な猫でした
 神様に言わせると この世に 無駄な経験は
 何ひとつないと いうのだから…
 あの長期間にわたっての チャーの美食にも
 意味があったというのか…)

ま。
とりあえず 治療費で 丸裸になり
チャーで… 悶絶… になり
… のわりには 私 本人 ちっとも 成仏に至ってないのですが…

私の心の中の「チャーの思い出」は
煌めく宝石のように いい思い出 しかないのです

やっぱ… お坊さん すごいな。 イイコト言う。

とにもかくにも チャーは 「成仏」した!

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧

まだ チャーと 本当のお別れが できなくて
涙 涙 で 暮らしていた時…
想い出が宝石のように なって
 それを 反芻する愉しみ

… などと 書かれていた時には
私もまだ 幼く? 怒りを 覚えたものですが…
(小さい女なんです)

本当にその通りなのですね…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧

今は チャーの小さな骨壺の前で
アレコレお話しをするのが 極上の楽しみになりました…

「チャー 動物病院に 引き取りに 行った時
 震えて 一分のスキマもなく 私に吸い付いてきたよね~
 あれ 覚えてる?
 あの技は すごいな… と思ったね…
 よかったら あの技教えてよね!」
など…

そんな 夜の二人きりのひとときが 私の生きる力になる…

あー 末期癌なのに 生きる力になっちゃった
またしても…
チャー ありがとう
そして 皆さまも

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー

コメント:

■ 

碧さんの言葉は私の生きる道しるべ。
不安にうちひしがれた私のバイブル。
碧さんのすぐ後ろを歩いています。
いつもありがとう。
まだまだ希望の光でいてほしい。

■ 

あの愛しい小さな暴君に翻弄された日々が懐かしい
そう思えるってことは・・・うちの子が成仏した証なのかな・・・

実は 成仏したって確信することで
手触り ぬくもり 心地良い重さetc. 
愛しいそれらが薄れてしまうようで ものすごく怖かったの
でも そんなことはないんだね
今 たくさんのいい思い出が私を笑顔にしてくれるし
からだが覚えている感触は この先も大切な宝物

素敵なお話しを教えてくれてありがとう 
なんだか気持ちがホッコリした 

碧さんもチャーちゃんと動物病院での楽しい思い出があるみたいね?
一分の隙もなく吸い付く?
なんか可愛いな♪ どんな技なんだろう(笑)

うちもネ 獣医さんに迎えに行った時
新生児のゲップの姿勢(笑)で抱きついたままピクリとも動かなくて
私の胸にあの子の心臓のドキドキが伝わって来て、
それが、早く帰ろうよ!置いて行かないでよ!って言っているようでね
しがみつく力が愛しくて 頼られていることが誇らしくて
愛い奴め!一生離すことはないから覚悟せい!って思ったものよ(笑)

私も毎朝毎晩 骨壺に語り掛けてる 
思い出話に今日の出来事 そして最後は決まって 会いたいなぁ
今度会えたらその時は 離れていた分思い切りハグしようね~って
骨壺も 今じゃ すっかり聞き上手になってくれてるわ(笑)

今日の夜景の写真も素敵だった
素敵なのに・・・それなのに泣けてくるって何だろうね?
でも やっぱりあおいさんの写真が大好き(#^.^#)

■ 本当ですね。

今生の別れを経ても尚
愛しいあの子達の想い出は
私達の生きる糧なんですね。
でも私は時々負けそうになります。
あの子に逢えるなら
早く「虹の橋」に行きたいと…。
そう思ってしまいます。
こんな私じゃダメですね。
早くあの子を成仏させてあげなきゃ
ダメですね。
私も前を向かなきゃ…。
なんか自分の事ばかりで
すいません。
でも碧さんのお言葉はいつも
私の心に沁み入り
いろんな事に気が付かせて下さいます。感謝します。
どうかご自愛下さい。

■ 

だれかを失った後
思い出すのは良いことばかり
生きていた時はコンチクショーと思っていても
逝ってしまうと思い出すのは、かの存在の大きな意味
その笑顔、その仕草、その声、少し我が儘な振る舞い...
その全てが、この上なく いい思い出

そうだったのね...
残した愛しい人にそう感じて貰えれば成仏か(^^;)
仏の道はシンプルかつ奥深い(合掌)

「いい思い出の中のチャー君」
そして
「魂で碧さんに寄り添う今のチャー君」
碧さんとチャー君の果てしない旅は何処までも続く...
究極の「みちづれ」だね!!!

末期がんだって何だって今を生きてます
生きる力は必要です(^^)
チャー君、碧さんとお喋りしまくってね
何よりの碧さんの生命力アップだよ♪
いやいや、君は高倉チャーと呼びたいくらい寡黙な男なので(笑)
良い聞き役になってくれてるのかな...

白い日々草、何だかチャー君とかさなって
不覚にも今日はホロリときました(__;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/225-42e4bac7

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |