プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
悲しみの先にあるもの
私に愛を教えてくれたのは
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧

2年ほど前に 新聞の「言葉のアルバム」で
心にドキュンとくる記事がありました。
若松英輔さんの『魂にふれる』…

チャーを喪う 1年前に その記事に出逢い
胸に焼き付いた文。
チャーを喪ってから 何度も何度も 読み返し
そのたびに 涙なしには 読めません…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧

若松氏は 末期のがんを患っている奥さまを看病している時
 何か柔らかいものを妻の内側に感じた。
 「魂にふれた」と思った。
 肉体が滅んでも 滅びないものがあると 生々しく実感できた。
 妻は ただ普通に 誠実に生きた人でした。
 その何でもない人間が 僕のために
 がんになっても 生き続け
 本当の宝石を見せてくれました

 …中略…

 悲しみは容易に癒えない。
 でも ぼくは 彼女を喪ってはじめて
 人を本当に愛することを知った。

 愛は 悲しみの中に宿っている。
 悲しむことでしか 愛せないことがあり
 愛は 悲しみを一度通過しないと 得られないものかもしれない。
 だから 悲しみ尽くせばいいのです。
 私たちは 黙って寄り添っていればいい。
 悲しみは 時には 人をおしつぶすように見えるけれど
 力に かわりうるものだから
 …


がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧

感動でした…
美しい言葉と文章に 圧倒されました。
肉体と魂は 絶対にクロスされない…
なのに 肉体が魂に ふれる…
その不思議と奇跡が 胸に 万感 迫ってきて
いつも 泣いてしまいます。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧

チャーを喪って 読み返して はじめて
それが 真実だと 知りました…

悲しみ尽くした私に チャーは「 愛」を 教えてくれました…
でも 私に愛を教えてくれたのは
なんで 人間じゃなくて… 猫なんだろう?

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 碧


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

コメント:

■ はじめまして

はじめまして。私も末期がんを去年の夏に宣告されました。
現在、47歳です。
背骨や胸椎・腰椎にも転移があるので、まずリニアックで進行を止めてから、抗癌剤治療をはじめました。
そのリニアックが効きすぎたのか、肺炎にもなって入院しましたが、癌は徐々に小さくなってきているようです。骨の癌以外は。

前置きはこれくらいにしますね。
上の言葉、読んでいて、涙が出ました。
愛犬を亡くした時のことも思い出しましたが、13歳年上で、今年定年の主人より私が先に逝きそうなので、「主人はこんなことを想うんだろうか?」と思ったのもあります。
私も残された時間、動ける間、頑張ろうと思いました。

最後になりましたが、お誕生日おめでとうございます^^
年下の者が偉そうですが、また一年、乳癌に負けないで頑張りましょう^^

■ 

いつのまにか外は桜が満開になってました。きっと土手を歩けば春の伊吹がいっぱいでしょうね。去年の今頃は十分わたしも幸せだったんだなぁ。人生とはわからないものです。どうか碧さんが少しでも穏やかでありますように。そして同じ病の方達にも満開の桜を愛でる平安が訪れるように。そしてこの私にも。いつも願っています。

■ 

”葬られた「第二のマクガバン報告」”という本がおすすめです。
これは私が読んだ中で最も参考になる健康本です。
この本は多言語に翻訳されていて世界中で読まれています。
楽天やAmazonなどでも買うことが出来ますが、
迷った場合は図書館でもリクエストすれば借りられますので、ぜひ一度読んでみてください。
http://ghope.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

■ 犬バカのうた

そう言えば、私もトムを失って、改めてトムがどんなに好きだったかと思いました。なぜ、もっと遊んでやれなかったか。あと少しでも、いっしょにいたかったのに。彼女は、何も言わずいつも近くにいました。苦しがっていた時も。
あれから、まもなく2周忌となります。私にとって、トムと出会えたこと自体、奇跡であり人生の宝物です。それは、トムが動物だったからだと思うのです。

■ Happy Birthday to You !!!

Happy birthday to you ♪
Happy birthday to you ♪
Happy birthday, dear Aoi-san ♪
Happy Birthday to You ♪♪

Have a beautiful day.

With all my loving,
Anmitsu Princess

何だか勝手に胸が一杯になってしまって
言葉が見つかりません...
なので「ひとふし」...駄美声 お許しあれ〜(^^;)

■ 

碧さん!お誕生日おめでとうございます\(^o^)/

お誕生日の今日 碧さんが春の気配を満喫して
一回でも多く笑顔になれますように・・・

東京の桜の開花のニュース 聞きました?
実はこれ、ここに集う碧さんの応援団からのプレゼントです!
・・・ということにしておいてください(笑)

では、素敵な一日をお過ごしください(^.^)/

■ 春だ!お誕生日だ!

昨日 久しぶりに近所の沼(笑)に出かけたら
魚たちはキラキラした水面近くに姿を見せているし
低く飛び交う野鳥の鳴き声も元気いっぱい! もう春だよ~♪ 
陽だまりに居るとポカポカと気持ちよくて眠くなっちゃった(笑)
木々も草花もワクワクしながら芽吹く時咲く時を待っているのかな?
木立の中で立ち止まれば
あちこちから 足元からだって命の鼓動が感じられるようで・・・
思わず「みんな 頑張れ!」って言いたくなったヮ(^-^)

碧さん!
体調が落ち着いている時 少しの時間でいいから窓辺に座って
外の空気を思い切り吸い込んで深呼吸してみてね
きっときっと 春の匂い 新しい命の匂いが 碧さんに元気をくれるよ!

今年の春も碧さんの写真を楽しみにしていてもいいよね?

明日は体調良く穏やかな一日でありますように・・・
笑顔で 素敵なお誕生日を迎えてください(^.^)/
お祝いは また改めて(笑)

■ 

碧さん
珠玉の言葉 命輝く宝石のような画をほんとうにありがとう。
いくど折れかかる心を碧さんのその一言一枚で励まされここまで命をあきらめずに今も生きながらえているのは私だけではないでしょう。
あるときは激しくあるときは溢れる愛で、またあるときはみずみずしいその芸術性で
お目にかかったこともないのに、こんなに身近に力強く感じる不思議。
あなたは気がついてないだろうけど、見返りの少ない人生ではあったとしても心は磨かれ会ったこともない人にも影響を与えるような豊かな人世にしてきたのですよ。
なんと賢い人でしょう。
私も東京に生まれ癌研ありあけで治療を受けそして、お知り合いになりたかった。

■ 同じ魂。

感動で胸が一杯になりました。
私も碧さんと同じ感銘を受けた事があったから…。
私も数年前ある本に出会いました。
やはりその筆者も
大切な奥様を癌で亡くされました。
深い哀しみの中筆者は
あるひとつの真実に到達しました。
死とは何か。死について考察を巡らすとき、重なるように必ず出現するものが、愛と呼ばれるなにものか
であった…と。
貨幣の裏と表のように
結びついている死と愛。
分かちがたく結ばれる
このふたつのもの。
愛は死の影の中にあって、
ひとしを耀くもの。
そして筆者は確信します。
「愛なくして、死なし」
故に真実の愛とは
常に何らかの哀しみを湛えているものだと。
私は宝物のあの子を亡くした時
この本を思い出し、改めて読み返し
深い感銘を受けました。
私は思います。
人生そのものが、常に何らかの
哀しみを湛えているものなんだと。
だから美しいんではないかと。
私は親との別れも経験していますが、あの子を亡くして初めて実感しています。
碧さんと同じです(笑)
今回も碧さんの文章を読ませて頂き
温かい涙を流す事が出来ました。
ありがとうございます。
どうかご自愛下さい。

■ 出来ることなら✨

毎日、ブログがアップされると嬉しい😃💕なぁ

なぜなら…碧さんが居る❗って思えるから…
抗がん剤で、辛いんだろうなって分かっちゃいるんだけど…
体調が良くないんだなって、思うんだけど…

確か、娘さんがいらっしゃるんですよね…
なのに…

なぜ、愛はチャーからなんだろう⁉とか。
私は、バツイチで子供三人。
やっぱり、乳癌になった辛さは、子供には分かるわけないよなぁとか考えていて。
だから、碧さんに、寄り添っていてくれたのはちチャーだったのかな…とか。
考えてしまいました。
私は、猫すらいません😅

右胸だけかと思っていたら、MRIで左に影が見つかり。
明日、検査です。
だけど、碧さんのブログを読み返すと元気になるんです。
バコラ生針しているとき、先生と看護士さんと碧さんのブログの話をしていたから、痛みを感じませんでした😄

碧さん…
毎日、毎日。ブログを楽しみにしていますからね✨
写真だけでもいいから、生きてるよ❗って教えてください❤
碧さんの目に写る世界をもっと、もっと教えてくださいね✨

■ 

心地良い重さ ぬくもり 息遣い
今思えば そのすべてが魂の感触だった
注いでくれる 真っ直ぐで純粋な愛に比べて
私の愛情なんて 薄っぺらで自分勝手で・・・
それを見透かされそうで 自覚することが怖くて
背中を向けたり 邪険にしたり・・・
でも どんな時だって 怒りもしなければ責めもせず
私の足音やうしろ姿さえ恋い慕ってくれたっけ

いつだって振り向けば そこに居てくれて
手を伸ばせば触れることができたのに
ちょっとかがめば ヒョイと抱き上げることができたのに
いつか それが叶わなくなる日が来ると知っていたのに
まだまだ遠い先だと思いこもうとする自分の狡さに負けて・・・

寝込まれた時は焦ったよ 
限られた時間の中で 謝って 許しを請うて
どれだけ愛していたかをしっかり伝えなければと必死だった

最期の眼差しも 私を探してくれていたよね
ありがとう ありがとう
だけど まだ もらった愛情の半分もお返しできてないから
それが悔しくて 悲しくて 申し訳なくて・・・

でもね チャーちゃんのママが教えてくれたの
悲しむことも愛だって 悲しみ尽せばいいって・・・教えてくれた
だから これからも たくさん悲しんで たくさん愛してあげる

言葉では伝えきれない大切なことを
あなたは その小さないのちで懸命に教えてくれたんだもんね
あなたを失って もうどうでもいい って気になってたけど
これからも生きて悲しんで あなたに愛し続けるからね
今度会ったらギュッとハグさせておくれ~!もう離さないゾ!!

■ 愛の定義?

愛は悲しみの中に宿っている
大切なものを喪って悲しみにくれて その先で気付かされる愛
「愛の定義」は各人各様なのかなぁ〜
考えさせられました...

私には愛しいもの...
どれだけ愛しても愛したりないものが存在する
喪った愛しい命も幾つかある...
愛して愛されて人生の機微は何時も「愛」といっしょだと思っていた
でも碧さんがチャー君を喪って魂で感じ到達した「愛」
魂と魂で寄り添う碧さんとチャー君だからこその究極の愛なのかな
確かに「好き」ということは軽軽に云えるけど
「愛してる」は滅多にいえない...つーか言葉にして云ったことない(苦笑)
今夜は眠りにつくまで love is ... 考えてるかも

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/227-baf26361

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |