プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
ゼローダやってます
頑張れるかもしれない
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ


皆さま 心癒されるコメント ありがとうございました。
ご心配おかけしまして 大変申し訳ありませんでした。

おかげさまで やっと 私も 立ち直ることができました。

私と一緒に泣いて下さる…
これ以上嬉しい励ましは ありません。

また 頑張れるかもしれない…
そう思い直し 今 ゼローダという 抗がん剤を 始めました。
まだまだ やれる…
そう思ったのです。

私は つくづく 見えない力で守られてる…
それは 温かいコメントだったり 友人だったり…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

心折れまくりのこの1ヶ月 こんな出来事が ありました。

私には うつ病の友人が ひとりいます。
親友というわけではない
普通に でも20年位 つかずはなれず
時には2年会わなかったりと…

彼女も シングルマザーで 母ひとり 娘ひとり…
同じような境遇ですが
20年間 彼女は心折れまくり
私は 彼女のうつ三昧を きくだけの日々…
長時間の電話は かなりの重労働で 苦役でした…
そして私も心折れて…闇へと…

この1ヶ月 私の体重は 10キロ減り
苦悩と絶望の日々を さ迷っておりました。

そして 友人は 20年ぶりに うつ病から回復する兆しが…

暗黒の世界を疾走する私…

明暗が逆転する私達…

ある日 私は彼女に 言いました。
「ごめん。今まで わかりもしないのに 貴女を 叱咤激励して…
 貴女の気持ち やっとわかったよ…
 辛かったんだね 許してね」

彼女から こんな言葉が…
「碧ちゃん 20年間 私を支え 守っていてくれて ありがとう。
 碧ちゃんが いなかったら 私は ここまで これなかった。
 碧ちゃんは 神様が私に与えてくれた 最高のプレゼントなんだって思った…
 奇跡だよね
 見栄もプライドも捨てて 何でも話せて 受け止めてくれて…
 こんな奇跡 誰にでもおきないよ。
 世界で 最大に 不幸だと 思っていたけど
 最高の幸せも もらっていたんだよね。
 碧ちゃん 本当にありがとう。
 一日でも 長く生きててね 」

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

…仰天ニュースでした…

ほめられてる 認められてる 少しは 愛されてる…
なんか なんか 超 超 嬉しい…
単細胞な私は その日から かなり 癒されたのでした…

少なくとも どう見積もっても
彼女 娘 チャー
この三人(二人と一匹)だけは 私を必要として 求めてくれたに違いない…
私の人生は 砂上の輪郭と思っていたのに…
無意味ではなかったか…
なんて…

それと同時に 私は気付きました…
私のほうこそ チャーをはじめ
この弱い私を頼っているかのようにみえた人達に
守られ 癒されていたのではないだろうか…
と。

私こそ 彼女らの弱さにしがみついて 癒され…
ぎりぎり 生きてこられたのではないだろうか…
と。

強さと弱さは 反対のものではなく
拮抗し 溶け合い 共存しうるものだと…
チャーが 小さな巨人であったことに 喪ってから 気づいた私
そして… 彼女に頼っていたのは 私のほうだったかもしれない
ということ…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

そして 娘にしても然り…
それに 3年間も 好きなことほざいてきた このブログ…
それは ここに導いてくれたはらさんと
ブログ読んで下さり 優しく受け止めてくれ
私に 新たな道を開いて下さった 皆さまがあったからこそ…
私は 今日の私でいられたのだ…
ということ…

私ひとりで 「ありのまま」の自分であることは 有り得ない…
鏡のように 自分を写し出す存在があるから
私は私でいられるのだということを
私は知りました…

まだまだ 皆さまと 愉しく語らう日々が ありますよう願って
抗がん剤治療 頑張ります…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

あらゆる出来事(生)は 「死」を分母として考えることによって光輝くのだ
…と。
フランソワーズ・サガンより。


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

コメント:

■ 

まだまだ やれる!!
そうだそうだ (*^^)v

碧さんは生きて生きて生きて欲しい!!!

碧さんしかできない使命があると思います

どうか 神様 ゼローダが碧さんの体を優しくいたわりながら
効きまくってくれますように!!!

祈っています!!!

写真(*^-^*) 碧さんの今の気持ちを表していて素敵です!!

m(__)m  ご自愛ください


■ 言霊

碧さんの一言一言が
私の肉体に魂に、命の息吹を
吹き込んでくれます。
昨日迄私の精神も堕ちていました。
落ちるという、生易しさではありませんでした。
普段は無意識の内に
奥深く閉じ込めている感情が…
宝物を亡くした喪失感が…
時にどうしようもなく私を襲う。
大きく空いた胸の空洞を
埋める術が見つからず
まして、あの子との想い出に浸る勇気もない…そんな私です。

でも、唯一私を癒してくれる、そしてまだ生きなきゃって思わせてくれるのは碧さん、貴女の言葉です。
貴女のチャーちゃんへの思い、そして生きる姿。
それが私の生きる糧や指針になって
くれます。
本当にありがとうございます。

どうか、どうか、ご自愛下さい。




■ 

長い付き合いの中 どちらが支えるとか 引っ張るとかじゃなくて
互いにつないだ手を決して離さなければ それだけでいいのかもしれないね。
強さと弱さ 明と暗・・・別々の風景を見ているはずなのに
歩調はいつも一緒になるから。
ひとりじゃない。 愛されている。必要とされている。
20年 つないだ手を離さなかった二人だけの真実・・・
羨ましいな。

■ 分母に向かって生き抜く

サガンの言葉なのね
生きる...分子/死...分母
その究極の分母に支えられる「命=生」...う〜ん 哲学だね
彼女自信の生き方は、分母に突き進むある種 破天荒なものだったのも
違う角度から見ると非常に興味深く面白い(^^)

ダレにも平等に訪れる終焉
生き方、生き様...各人各様だけど
死という分母を見据えて、その時まで生き抜く
苦悩に満ちた人生でも、ふとした出逢いに救われる機微がある

碧さんのご友人しかり、暗黒を抱えて苦悩に心折れて
でも気付けば自分を支えてくれる碧さんがいた
光のシャワーのような碧さんの言葉が彼女を照らし導き
今の彼女がいるんだよね
窮地に陥ったとき人は色んな言葉をかけてくれる
心に届く言葉をかけて貰えることって残念だけど少ない
でも碧さんの言葉は魂と共に彼女に伝わったんだね
ブログで拝読する碧さんの優しさを秘めつつ余計なものは削ぎ落とした言葉
心に響かないはずありません!!

春花の写真群

美しいです(#^^#)
そして画像の中にさりげに撮リこまれた春光
今のお気持ちの反映がこの煌めきなのかしらと嬉しい想像してます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/229-a9fe730f

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |