プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
胸水タマリーノ
腹水タマリーノ
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ


胸水と腹水が たまって 毎日 苦しいです。
スキャンの結果 肝臓にも転移して
胸水が 肝臓を 押してるみたいです…
こわ~い
どうりで ごはんが入っていかないな~ っと 思ってました…

看護師さん(優しい優しい方です)が
「あのね 胸水がたまるって 溺れてる状態なんだよ
  溺れてるの!」
って 笑うところじゃないですけど。
泳ぐ真似するので
なんか可笑しい(笑)…

朝 起きると 顔が ヒリヒリ…?
苦しくて 夜中 もがいて 引っ掻いてたみたいです。
泣く子と 胸水には 勝てません…

抗がん剤 効くと いいな♪
頑張りまーす

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

ところで…
何十年も 人から人へと 語り継がれ
今も 静かな感動を呼ぶ 不思議な詩が…

ナディーン・ステア
アメリカの人。
85歳になって 自分の人生をふりかえって書いた詩。

ベストセラー 『Chicken Soup for the Soul』 の中から…

「もう一度人生をやり直せたら」

もう一度人生をやり直せるならどうしたいかですって?
今度はたくさんの間違いを犯してもいいわ。
リラックスしたい。
のびのびと生きたい。
もっとおばかさんになりたい。
まともに考えすぎないようにする。
chanceにはかけてみなくちゃ。
もっと旅行をしたい。
たくさんの山に登り、あちこちの川で泳いで見るわ。
好きなだけアイスクリームを食べちゃう。
体にいいからって豆ばかりじゃね。
あれこれ思い悩むより、現実の問題に真っ向から取り組むつもり。
毎日、毎時間を分別くさく常識的に生きてきたけど、
今までに自分が輝いた時間だってあったのよ。
次の人生ではそんな瞬間がもっとあればいい。
そしたら、本当の話、ほかにはもう何も望まないわ。
人生って長く生きればいいってものじゃないのね。
その日そのときを大切に生きるべきなんだわ。


俺は、温度計や魔法瓶、それにレインコートとパラシュートを持たずには、
どこへも行けないような用心深い男さ。
だがな、今度生まれたら、そんな大荷物はやめて、
フラリと旅に出るね。
   ( ここのところ 好きです

もし、生まれ変わることがあれば、
春になったらすぐに裸足になって冬が来るまで靴なんかはかないわ。
そして、もっとダンスに出かけたい。
メリーゴーランドにもうんと乗りたいし。
デイジーも思いっきりたくさん摘むでしょう。


(『こころのチキンスープ』 より)

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

15年前に ふとしたことから この詩を手に入れた…
私のハートに キューンときた
なぜか いつも 気にかかり…
時々 出しては 眺めたり…
でも また久しぶりに 読んで 思った…
これが 心の叫び だったんだと…
私も 裸足で デイジーを 摘みに行きたい…
って

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

昨年 娘と行った 湘南と横浜の 写真です。
いつも通り これが最後の海なんだと
涙 涙で 展望台から。
(3時間も たっていた…)

主治医は
「もうもたない」
と言うけど
私は ゼローダで うらをかくつもり…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

コメント:

■ 

たくさんの間違いを(そして勘違いも...苦笑)犯して
デージーの咲き乱れる野原を裸足で駆け巡り...
60余年の人生を過ごしてきたあんみつ...今 そのツケに喘いでる
還暦超えてまさかの乳がん罹患
キリギリスチックな生き方でこの歳になって廻って来た数々のツケ
助けてくれる蟻さんの存在なんて童話の中だけ
人生終わりかいと やさぐれてたときに出逢ったのが碧さんの「心」
碧さんの「アートワールド」
私の場合は物事に真摯にむかう術をここで学ばせてもらってます
どのような生き方をしようと所詮ヒトの人生には正解はないと思うのだけど
私の正解は、碧さんの心の中の夢見心をおすそ分けいただく事

物理的痛みや苦しみは碧さんを苦しめ蝕み許せないけど
心や感性はどんな時もリフレッシュできると信じたいな
文字でしかエールをおくれないのがもどかしい
いつもいつも渾身のパワーを送らせて貰ってるからね

美しいブルーの夜景
この夜景の中に撮影者の苦悩や哀しみが封じ込められていようとも
静かに美しい「碧い夜景」は私の心に沁みます

■ 

胸水腹水 辛そうだなぁ
せめて寝る時くらい碧さんに合った楽な体位を見つけられるといいね。
ゼロ―ダが効いてくるまで体力温存、日常生活は極力省エネで行こう!

「もう一度人生をやり直せたら」・・・これってさ
もし生まれ変わったら~という視点ではないところが新鮮で素敵。
今の自分のままでもう一度生きてみるってことだもんね。
やっぱり同じ人に恋をするかなぁ・・・今度は上手く行くか?(笑)
仕事は多分同じ職業を選ぶけど 今度はもっと勉強するゾ(汗)
それから 何としても愛猫には絶対もう一度めぐり逢いたいなぁ

日常の何気ない場面の決断がほんの少し違っていたら・・・
そんなことの積み重ねで 人生って大きく変わって行くんだろうね。

この詩を読んで気がついた! 最近 素足で地球を踏んでない!
ゼロ―ダが効いて 体調のいい日が戻ってきたら
草の上で裸足になるのもいいかもね~。
もちろんホントは異国の風光明媚な草原が理想だけど^^;
とりあえず・・・近場の公園あたりでもいいじゃない(笑)
ヨチヨチ歩きの赤子のように素足で草を踏みしめる
これって意外と気持ちいいような気がする♪
そうだ、まず私がやってみるワ!
GWのスケジュール、ひとつ決定(笑)とりあえず無料だし (^◇^)

■ 

胸水、腹水がたまっているとのこと、お辛いでしょう…。

私は、ゼローダで改善し、コントロール出来ている方を沢山知っていますよ。碧さんにも良く効いてくれることを祈っていますね。

私も、外国の映画に出てくるような自然の中で、自然体で生きたいなと思うことが良くあります。動くのに楽な、レトロなドレスを着て… 変なことを語ってしまいすみません。

■ 

泳がなくてもいい。ふわー と浮かんでいましょう。
しなやかにウラをかいてね。

■ 

初めまして。
辛い苦しい状況の中ブログ更新して頂いてありがとうございます♡
悲しい内容なのに、いつも何故か光がさすようにキラキラした気持ちが書かれていて、いつも励まされています。(ღ˘⌣˘ღ)
私も乳がんです。5年生きられるか分からないと言われながら5年が過ぎました。
どうか予想の裏をかいて「予想外!」と言わせて、
笑っちゃったNs.にも「溺れてましたが、泳ぎきりました!」って言い返しちゃって下さい。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/230-cc6729b0

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |