プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
まだ 寿命があるかも… と 言ってくれないか
森茉莉全集を…
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ


火曜日は病院でした。
胸水は 増量中…

「ゼローダが効かない…」
と へこむ主治医。

そんな主治医に
「まだ ゼローダ 2週間だから」
と 慰める私…
(主客転倒)…

主治医が
「(胸水を)抜くか?」
と 抜きたくないオーラいっぱいで 聞いたから

私は
「(苦しいから 抜きたいけど 主治医のオーラに負けて)
  まだ ゼローダ始めたばかりだから もう少し頑張ります…」
と 言いました。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

入院 手術 終末…
寿命が尽きる…

様々な妄想が 頭を飛びかいます。
遂に くるべき時がきたのか…
でも まだ 死にたくない…

もう少し 待ってください 運命の扉様…
あの全集読むまでは…

最近 近くの区立図書館に
大好きな『森茉莉全集』が 入ったのです…

あれ 読んでから~
っと 駄々っ子のように 私は思った。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

森茉莉は 森鴎外の娘です。
ひそかなファンです…

これは 実話なのですが…
全集の中に 「注射」というエッセイがあります。

森茉莉は 6歳の時 百日咳にかかりました。
その当時(明治時代) 百日咳は
結核と同じように 死に至る病でした。

「注射」とは 安楽死させる注射のこと…
明治という時代は モルヒネとか 安楽死の注射とかが
案外 気楽に使われていた時代なのです…

すでに 茉莉の弟 普烈(フリッツ)は
百日咳で 亡骸となって 柩に入り
隣の部屋で 彼女の最期を 待っています。

百日咳の苦しみは (きっと)喘息の王様みたいに 息が苦しい
(今の私か…)
ヒィ~ っと 息を吸い込むと 咳が全身を 覆い尽くす。
呼吸器系の苦しさは 筆舌に尽くしがたい…

茉莉の 身も世もあらぬ 形相…
父母は その姿を直視できず…
心は あることに傾いていくのであった…
安楽死の注射…

すでに 主治医によって
「茉莉は 24時間以内に 確実に死ぬ」
と 余命宣告されている。
この名医の予告は はずれたことがない というので有名だった。
事実 今までは その通りだった。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

父母は 茉莉の苦しみを 注射で終わらそうと 準備をさせる。
その時 茉莉の母方の祖父が 扉を ガラッとあけて現れた。

母: 「茉莉を 楽にしていただこうと 思います」
祖父: 「馬鹿!!」
    「何を言う!
    人間の寿命というものは 分かるものではない。
    茉莉に まだ寿命があったらどうする!」

祖父は 医者の方を睨みながら 座った。
祖父の手は ブルブルと 震えていた。

祖父: 「もう 俺が知った以上は (注射は)させん。
    医者も医者だ!」

その日から 3日経った夜
茉莉の病気は 奇蹟的に好転したのでありました。
心不全で 84歳で亡くなるまで
素敵な作品を 書いて書いて書きまくりました。

彼女は 自分の子供時代のことを
「毎日毎日 新しく始まる 幸福な日々だった。
長い長い 幸福な日々だった…」
と 語っています。

そんな彼女が書いた作品を 読むだけで
何故か日だまりの中でまどろんでいるような
気持ちにさせてくれるのです…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ

皆さま ゴールデンウィーク 愉しくお過ごしくださいませ。


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

コメント:

■ 

素敵な話を どうも有り難う!寿命は 誰にもわかりません!医者が 決める事でもなく 自分が決める事でもなく 宇宙が 決める事だと 思います。やりたい事がある碧さんは まだまだ 大丈夫だよ!せき止め ぜんそくには れんこん湯が よいとのことです。(身近な食べ物による手当て法―おばあちゃんの知恵より(正食出版)、、、碧さんに合うかどうか、解らないので 試すなら 少しだけ作ってみてね。1)れんこんを 皮のまま すりおろす。布で絞り汁を 取る。2)生姜おろし汁1~2滴落とす。3)しょうゆか塩で 味付けする。4)くず粉少し入れる5]熱湯をカップ1ぱいそそぐ5)透明になるまで 混ぜる 

■ 私も先週同じ状態でした。

胸膜癒着術をすると、言われましたが怖くてやらずに、胸水を抜いただけで退院してきました。実は五年前にも同じようなことがありました。

■ 

ごぶさたしております
碧さん大丈夫ですか?
急に暑くなったりして身体がついて行かれないです
お薬効いてくれますように…
また、素敵な写真を見たいです

■ 森茉莉さんの本読みたいと思います

良いお話をありがとうございました。
森茉莉さんは、全く知りませんでしたが、 自分の子供時代のことを「毎日毎日 新しく始まる 幸福な日々だった。長い長い 幸福な日々だった…」この言葉にとても感動しました。
本当に幸せな方ですね。
私は、人生の中で一度でも幸せでしたら、その時を思い出しながら幸せな気持ちに成れることを知っています。そして強くなれることを知っています。
そのことを思い出しました。

■ 

森茉莉さんのエッセイ「注射」素敵な内容ですね (*^^*)
生命の尊さ・生きる喜びを与えてくれます!!

今一番体が辛い状態なのに 碧さんはこんなに生き生き🎶と今を
生きていらっしゃる!!

碧さんの感受性の豊かさ・心が病気より上のレベルを
いっております!!!
どうしたらこのように豊かな心でいられるのか!?

碧さんの感受性の豊かさ・表現力は 心の財産だと
つくづく思います (^^♪

どうか少しでも体が楽になればいいのですが m(__)m

どうぞご自愛なさってください

■ m(__)m

いつも なんて素敵な文章
心が洗われる思いがします

私もシングルマザーから 鬱病、乳癌と

私の心は腐るばかりなのに…

ずっと ここに居て下さいm(__)m

■ 

寿命を信じるのも愛なら 苦しみを終わらせてあげたいのも愛

人の命はその人だけのものじゃないね
誰かの愛に支えられ 
誰かの祈りに守られ
誰かに必要とされている
だから その誰かのために 大切に大切に使わないと・・・
そして しっかり 最後まで使いきらないと・・・ね

読みたい本があるのは まだ最後まで使いきってない証拠
世間が決めた期限に合わせて生きる必要はないよ
胸をはって命を使いきったと言える・・・
周りもそれを認めてくれる・・・
きっと その時が本当の期限だよ

本だけじゃない
会いたい人 行きたい場所 etc. 
今までの人生を考えれば 
もっともっと欲張ったってバチはあたらないと思うよ(笑)
時間を上手く操って のらりくらりと引き延ばしてさ
昭和の女のねばり腰(笑)もったいない・・・の精神で 
おつりがないよう きれいさっぱり命を使いきろうよ

まだまだだよ!
まだまだ 終わっちゃもったいないよ!!!

■ 言葉に出来ない

思いが強すぎると
言葉にする事が出来ない…。
そんな経験を初めてした気がします
今の碧さんの苦しみを想うと
私の言葉の無力さを痛感します。
こんな時まで碧さんの言葉に
癒されるのは私の方…。
碧さん。
貴女の様な人を神様が助けない筈が
ありません!
今この時にこの本に出会ったのも
必然を感じます。
碧さんはこの本を
必ず読破出来ます。
そして又、新たな力が湧いて来ると
信じてます。
どうか、どうかご自愛下さい。

■ 

碧さん 森茉莉全集読み終えられますように。
私昨年百日咳と診断されました。抗菌剤のお陰で良くなりましたが、夜寝ると出る咳で胸骨を骨折するかと思うほどのしつこい咳でした。茉莉さんの命、お祖父さんが呼び戻してくれたのかもしれませんね。碧さんの命、茉莉さんが支えてくれますように!

■ 寿命全う

寿命...自分に与えられた生命のリミット
己の天寿は全うするもの
どんなに優秀なDr.でも、患者の寿命を操ることなんて できっこない

今『森茉莉全集』に出逢ったのは何かのご縁(^^)
大丈夫、網羅(読破?)出来るよ!!!
そして、また何か新しい刺激を模索しようよ!!!
身体は病んでも人の魂は如何なる状況下でも
研ぎ澄ますことができる、寿命を享受出来る...碧さんから学びました

わたしも子供時代、百日咳...小児ぜんそく患い...7歳まで生きられるかと
百日咳は覚えてないけど夜中の喘息の発作は今でも覚えてる
思春期には舌下に小さな腫瘍...
成人後、数々の婦人科系の手術を伴う病気...and 乳がん
寿命のあるかぎり生きぬくぞ〜〜エイエイオー(#^^#)

ピンクの花...あまりにも美しすぎて
なんなんだろー、この花
よく見ると皐、この時期何処でもイヤと云うほど(ごめんね、ツツジさん)
見る皐
碧さんの魂には こんな風に映るんだと感動しました

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/231-a5ae1a27

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |