プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
なすすべもない私の身体
ゆく川の流れは絶えずして…
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸水

火曜日は診察の日でした。
レントゲンの結果 胸水は前回よりも 増水していました
(oh my God! なんてこった!)

主治医は ため息と共に…
「ゼローダは 効いてない…」
と おごそかに 言った。
重ねて
「もう なすすべもない…」
と…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸水

今までの 「明日死ぬ」 「もう死ぬ」…というwordsより
更に 上の格である……

また 他の抗がん剤を試したとしても 10%の可能性しかなく
副作用のリスクが メリットを上回る…
と…

私に残された時間は あと どの位なのかを きいた。

「2週間」

さすがに心は宙を舞った……

どーしよう
リアリティーが ありすぎて…
早く…早く…
片付けものしなくちゃ…
死んだあとの連絡先も 5年前とは かなり変化してきた…

「ゆく川の流れは絶えずして しかも もとの水にあらず」

…なんて 言ってるバヤイじゃありません…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸水

川の流れがまた濁流になっちゃった胸水を ひとまず止めるため…
やむなく 私は 人生2回目の水抜きに いどんだ…

胸水抜き抜き先生は
「いやー 胸水 前回より もっと 溜まっていますよ
 これで 苦しくなかったですか?
 これで普通に生活していたとしたら
 碧さん これ かなり環境 適応能力がすごいですよ…」
と ほめられた。

それって なんだか 私的には悲しい…

我慢に我慢を 重ねることが 果たして 美徳と云えるだろうか…

癌という 誰もが身体の中に もっているという細胞因子を
狂ったように花開かせ 分裂 増殖させ 今日に到った原因は
私の「我慢… 環境に無理に適応する能力」ではないだろうか……

「わがままは 最高の美徳

今 そう思っている私であるが…
ま ハッキリいって 後の祭り でありました

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸水

「さ。 これから どーするかは 患者さまの気持ち次第です」
と 急に 今後を丸投げされ 途方もなく漂う私であった…
癌患者漂流中…

病院の帰り道 「なすすべもない身体」に変身した私…
(カフカか?)

「なすすべもない」が リフレインする心を 抱えて
これから 書くべきシナリオを 考えた…

なにしろ 主治医によると
「これからのシナリオは あなた任せ」
…だという
(5年間 あんなに 抗がん剤で 薬物依存症にしたくせに
 最後は これかよ~っ てか…)

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸水

2月3月の あの闇の中から とてつもない光を見出だした
人生という 摩可不思議なマジックを 信じて…
とりあえず 明日も 生きよう

…と リフレイン癌患者は またもや運河にむかって 叫んでいた!
…のであった。

…続く…


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸水

コメント:

■ はじめまして


初めてコメントさせていただきます。
リリィと申します。
余命二週間なんて…残酷すぎる宣告に言葉をなくしてしまいました。
健康なひとも、病気のひとも、明日どうなるかなんてわかりません。
二週間が一ヶ月に、一ヶ月が三ヶ月に、三ヶ月が一年に…余命宣告なんかに負けず少しでも笑顔の日々が送れるようお祈り申し上げます。
色々考えて頭ぐしゃぐしゃかもしれませんが落ち込まず、明るい気持ちでいた方が余命も延びると信じてます!
応援しています。

■ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

■ 信じません!

余命なんて信じてません。
碧さんはまだまだ大丈夫です!
チャーちゃんも
まだまだ遊んでたいから
お母さん、まだまだ来ちゃダメ…。
その時は僕が迎えに行くから
でも、まだだよ。
きっとそう言ってるよ。
私を含めた、碧さんを必要としてる
人達がいる限り
チャーちゃんはまだ来ない。
そう信じてます!
碧さん。
どうか、どうか、ご自愛下さい。




■ 誰のお蔭?

取りあえず会えました
明日は分かりません
でも
今日はあえました
先ずは良しとします


貴方が思うほど
あなたは「やわ」ではないかも
なぜかそんな感じがしました

■ 

碧さん、頑張って下さい!
今までも頑張ってこられたのはわかっていますけど
もっともっと永く生きて下さい!
2週間何て言わないで2ヵ月 2年間…と、まだまだ生きて下さい!
図書館の本♪まだ読み終っていないでしょう?
やることはまだ沢山ありますよ。先生の裏をかかなきゃ♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/236-0afb3cac

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |