プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
今日 病院です
砂に書いた loveletter
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸膜癒着術


皆さまに 毎日― お手紙を 書きたくなりました。
(今までだって 心の中で 毎日お手紙書いておりました)

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸膜癒着術

…手紙には 想像もできない「力」が ある…
という 。

「砂に書いた loveletter」♪ ♪
愛の想い出 みんな うずめて 泣いたの
一人きりで …♪

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸膜癒着術

砂が ザザーっと 想い出 消していくのです。

ちょっと 素敵です♪


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー ゼローダ 胸膜癒着術

コメント:

■ 

いつも拝見していました。
碧さんの言葉に涙したことも多々あります。
私もラブレター書きたくなりました。
沢山の愛と祈りを送ります:-D

■ 

碧さん大好きです。私も、毎日碧さんにラブレター書いてますよ(^^)

■ ありがとうございます

このブログを一年以上拝読させて頂いています

お会いしたこともない方なのに、
”どうしているかな”と気付けば心の隅にいる存在


今まで上手に生きてこれなかった私に
反省ばかりで自己嫌悪ばかりの私に

生きてること、生きること

感謝することを教えてくださるこのブログ


私も猫を飼っていて老猫で

勝手に共通点を見つけて


とりとめなくてごめんなさい


このブログの存在に感謝してます
それだけを伝えたくて

ありがとうございます

■ 心に刻むloveletter

貴女はほんとに素敵な人です。
こんな極限状態とも言える時に
貴女はなお益々
私の中で輝いています。
こういう瀬戸際に
貴女はまるで少女の様です。
毎日loveletter下さいね?
私は待ってます。
あきらめないで下さいね、碧さん。

どうか、どうか、ご自愛下さい。

■ m(__)m

碧さんが素敵です!

心は何時までも 青春です

■ 

今までだって こっちは毎日読みたかったよ(笑)

何だっていいんだからネ 
愚痴ひとつでも ため息ひとつでも届けて欲しい
碧さんと「今」を共有させてネ

■ 

限りなく末期に近い辛うじて3c期の私。腫瘍マーカー上昇中で痛みの変化に主治医のあからさまな言葉にいちいちヘタレの私。
碧さんのそのこの期に及んでもまだウィットに富むその言葉はいったいどこからわいてくるんだろう…
最早、尊敬を越えてふしぎ。
もちろん良い意味です。語弊があったら許してください。碧さんは死なないのかも。

■ お手紙

心の中のお手紙、私たちにちゃんと届いていますよ。
綺麗なお花も心癒されます。

先ほどのコメントの追加です。
例を見て、パクリもう私やってしまったわ、と思われたかもしれません。一度やって耐性がついたようにみえても、時間がたてばまた効いてくることがあります。また低用量で免疫を落とさなければ、いい作用が生じることもあるようです。
碧さんが復活してくだされば、同じような症状の方に大きな希望を与えることでしょう。

■ 

はじめまして。たろこです。
3月に癌がわかり、絶望の中、
碧さんのブログにたどり着きました。

美しい文章
美しい写真
美しい碧さんの心

本当に心が癒され、何度も何度も涙を流しながら
読み返しています。

碧さんの一言一言が、心に染み入り、これから、癌と寄り添い生きていこうという気持ちが生まれてきました。

碧さんも、まだまだ生きていてください。
お願いです。




コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/239-dc8d366a

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |