プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
娘から笑顔が
二人で紡いだ 大切な時間が
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術


娘から 笑顔が 消えてしまいました。

必ず 生きて 元気になって帰ってくるから…
そうしたら また 海に 行こうね!

と 懸命に 言い募る私を通り越して 彼方を見詰める 娘の視線が
胸に 突き刺さります。

先日の地震で 慌てふためき(地震こわいですね)
娘に見せてしまった。
ハアハア姿で モルヒネを 煽る私の姿が…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

この五年近い間 二人で紡いだ 大切な時間が
「仇」になり 返ってきたような……

愉しすぎて…「別れ」が 辛くなりすぎてしまった…

玄関に 入院仕度 詰め込んだカートを
虚ろに見詰める娘……

不意に 私は 思った…

娘を 幸せに してやれなかった。
幸せにしようと 漆黒の夜を
ひたすら 突っ走ってきた道は…
再び 彼女の心に 絶望と痛みを 残してしまう道だったのか……

いやいや この想いこそが 私達二人が 長い歳月をかけて
積み上げて 温めてきたものなのだと…
思いたかった……

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

所有 喪失…
号泣…

悲しみを通過するとき
 それが どんなに 不意打ちの悲しみであろうと
 その人には たぶん 号泣する準備ができていた。
 喪失するためには 所有が必要で
 少なくとも 確かに ここにあったと思える
 心持ちが 必要です

     ――江國香織

そう 私達は 確かに「愛」を 所有していたのだと……

そして 皆さまに 込み上げる想いを したためているのも…
皆さまとの 積み上げてきた時間が
自分に とって どんなに 大切で
かけがえのないものだったのか……

今まで 気付かなかった…
愚かな私は 気付けなかったのです。

ごめんなさい…
私のこと こんなに温かい眼差しで 見守っていてくれてたなんて……
いざ 手のひらから 皆さまがこぼれ落ちそうになってから…
どぎまぎする私の アホな姿が……
……
シンデレラが ガラスの靴だけ 残して
慌てて 去らなければいけなかったように……

私も 皆さまや 娘を 残して 旅立たねばならないのかと……

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

「シンデレラ」 娘と一緒に 観ました…
クルクル クルクル…と 王子様と 踊る
ブルーのドレスの 心躍るシーン……

きっと 皆さまと 心通わす瞬間 瞬間は
私も シンデレラだったのに違いありません。
(いささか 年とりすぎですが…)

愉しい 心ときめくひとときは 早くも過ぎ去り
12時の鐘がなり響き……
魔法は解けて……
……
ガラスの靴だけが 階段の途中に残る……

いえいえ 私は まだ闘います

いつも 癒されるコメント 本当に ありがとうございます。
これからも 宜しくお願いいたします。

今まで チャーの写真 心痛み 載せられなかったのですが
私のお気に入りの チャーの写真 見てくださいませ。
何年も前の チャーです

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

まだまだ 続きます


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

コメント:

■ 大丈夫です。

娘さんの心情を思って
心痛めてる碧さん…。
子供の居ない私には
母娘の間にある思いの深さは
到底分かる筈もないけれど
積み上げた時間は
簡単に消失するものでは無いと思います。
そして、私の碧さんに対するこの
想いも不変です。
ねぇ碧さん。シンデレラも結末は
ハッピーエンドです!

どうか、どうか、生きて下さい。







コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/241-3929ca14

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |