プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
胸水ドレーンつけてでも
帰る
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術


病院からは ―まだ― ベッド空きの 電話は
きていませんが…

ブラックmy主治医に よると
胸膜癒着術は 最初 胸水を 一滴も残さず 抜くので
いっぱい 溜めておかなくては いけないそうです。

だから 私的には 苦しいですが
手術的には もっと 胸水を溜めておかなくてはならない
らしいです

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

今までの 抜き抜きは 途中で 苦しくなったら 止められますが
一滴残さず… は ちと苦しいかも…

ま 想像してみても 時間の無駄なので
やはり その場 勝負… と いきます。

その後 肺の 胸膜の中に 接着剤を 流しこむのですが。
全体に行き渡るように 座ってみたり 横になってみたり
仰向け うつ伏せに なったりする みたいです…

えーっ ドレーン つけたまま?

それは 拷問です
と いいたいですが。
とにもかくにも 体験しないと 解らないので……
乞う ご期待です

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

金曜日にお願いしている ヘルパーさんに
こういうわけで 退院したら また お願いします…
と お伝えしたら
(ヘルパーさんも 乳がんで 手術しています。)

: 「わーっ 新しい技術ね。
   これから あとに続く 癌患者さんのために
   人体実験 ヨロピク!
   もし それで 命が 少し保てるならば
   ちょっと位 苦しくても いいじゃない。
   (碧:ちょっと じゃ ありません…)
   娘さん 留守中 心配ね…」

そう 心配です 私。

: 「心配だから 胸水ドレーンつけて 電車にのって 帰るわ」…
と…
二人で 想像して 笑いころげるも…
ヘルパーさんが
: 「だけど どーして 電車なの?
   普通 タクシー乗るでしょ

私は 思った。
この方は 本当の「貧乏」を 知らないな…


がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

とにかく 頑張ります

写真は がん研有明病院からの 眺めです。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

沢山のコメント 本当に ありがとうございました。
これからも 宜しくお願いいたします。

まだまだ 続きます。


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

コメント:

■ 初めまして。

初めまして、瑠璃と申します。
少し前からおじゃまさせていただいてます。
私も身体が弱くすぐ気弱になりますが、碧さんのブログを見て頑張らないといけないんだなと思いました。
生きてることにもっと感謝できるようになろうと思います。
猫のチャーちゃんも見させてもらいました。きっと見守ってくれてると思います。
私も碧さんの帰りを待ってます。

■ 虹の橋より愛を込めて。

こんなに頑張っている碧さんを
チャーちゃんは見てる。
絶対絶対見てるよ。
「お母さん偉いね。お母さんの辛さ僕に少し分けて欲しいよ」
チャーちゃんはそう言ってるよ。
碧さん、あなたはいつも明るくて
どんなに辛い事も
さらりと書いて仕舞われるけれど
現実の辛さは私の予想を遥かに
越えていると思います。
いつも強くて、優しくて、
こんな時まで気配りを忘れない
碧さん。心から尊敬します。
でもどうか無理はしないで下さい。
お願いします。
無駄なエネルギーは使わないで
我が儘でも何でも
とにかく少しでも楽にして下さい。
どうか、どうか、ご自愛下さい。

■ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

■ 

はじめまして。私も有明に通っています。
ステキな景色ですよね。
そして院内の空気が柔らかくて居心地がいいです。
同じ病院と知って親近感感じます。
いつも応援しています。

■ m(__)m

こんな私のハンネを ありがとうです

私も共感でした…
乳癌手術での退院、バスで帰って来ました

貧乏は味わい尽くしてきました
数ヵ月、もやしだけで過ごした事もあって
仕事に行くバス代すら無く 歩きました

だからblogを始めた時のハンネは
どぶねずみでした

碧さん 辛い治療になる様子に
なんて 言っていいのかわかりませんが

娘さんのためにもm(__)m

母子で同じ病気、貧乏と なかなか同じ方はいません

どうか何時までも ここに居て下さい!

碧さんの文章は 心がほっこりして
とても 暖かな気持ちになりますので

■ 

おはようございます m(__)m

良い写真ですね!!(^_-)
胸にキュンと来ました(^^♪

写真から 碧さんの 生きたい!! 生き抜きたい!!
という意志がビンビンと伝わってきます

碧さんの強さ・そして辛さもユーモアに転換してしまう
逞しさ・・・・雑草魂だね!!!!!

豊かな心で人をさり気なく励ませる才能!(^^)!を持っている
碧さん!!

あなたは世の中の人のためにも
生き抜いて長生きして頂かないとこちらが困ります!!!!!

頑張ってください!!!
応援しています!!!

m(__)m


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/243-89fcec69

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |