プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
裟婆の日
爽やかな一日
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術


爽やかな一日でした。
病院からは 今日(26日)も 連絡がありませんでした…
と (土日はないので) 来週かぁ~
と 何故か ほっとし
慌てて 限りない日常を 愉しむ私…

現実は 自転車操業の私…
振り込みが 入金が…
今日も 私を 待っている…

入院していると思って
生協も ヘルパーさんも 断った…

故に
「そうだ 郵便局 と銀行に行こう
(お出掛けの趣旨が憐れな私

ロキソニンと モルヒネを のみ
内に秘めた 胸水も…
(2リットルはあると思います

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

う~ん 風が 気持ちいい…

外の世界は いい…

入院なんて やだ~っ
ずっーと 裟婆に 居たいよ~っ

と。
風が 頬を なでた。

裟婆…
やくざさんが よく使われる お言葉ですが…
裟婆とは 「この世」 「俗世間」で。
自由が束縛されている刑務所などからみた 自由な世界だそうです。

裟婆は 仏教から出た「忍耐」を意味する 「saha」。

この世は 内に煩悩があり 外は苦しみ耐え忍ばなければならない
俗世であることから 「忍土」。
自由のない世界は 「裟婆世界」と 呼ばれたそうな…

本来は 反対の意味だったらしい

えーっ
反対だった「裟婆」

自由な世界が 裟婆ではなく
忍土が裟婆で その反対も…
結局 どっちもどっち……

「深い… これは ふかい…」

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

私は 久しぶりに 天王洲の大理石benchで
lunchtimeを愉しむサラリーマンさん達に紛れて
sandwichを食べた…

贅沢なひととき

どっちが 裟婆か…

私は 心の中で 隣のサラリーマンさんに問いかけた……

私は 末期ガンで 治療が続く毎日だけど
こんなふうに たまさかの自由も 味わえる…

隣り合わせのサラリーマンさんを チラッと視ると
彼にとって 食事とは 単に咀嚼するだけの存在に
成り下がってるようだ…

かつての私も そうだった…

そして 最近までの半年間の私は
まさに 生きるために しょうがなく 食べ物を咀嚼する存在に
成り果てていた。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

それが 今日 皆さまからの妙なる「祈り」が功を奏して
最近 急に 食事が美味しく感じられ
(半年間は 「病人が口から物を食べられなくなったらおしまいだ」…
 というアレになっていた)
食べ物が…
今日という日を 明日への命を繋ぐ 希望の糧に 成り上がってる…
矢沢永吉… 成り上がり……

とりあえず 今日も 裟婆の中で 右往左往
迷走する碧でありました……

夜になると 寒くなりますので
お身体お気をつけくださいませ

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

写真は 新しく天王洲にできた ブライダルの店の
ウエディングとか 近くの緑です

ハアハアで 撮りました。

まだまだ 続きます。


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

コメント:

■ 凄く生きてる。

碧さんを見てると(肉眼じゃないけど)
本当の意味で生きるとはこう言うことなんだと教えられます。
碧さんは毎日を誰よりも自由で
誰よりも大切に生きてる。
呼吸も苦しくて、歩くことも儘ならないけど…。
でも誰よりも崇高に生きてる。
毎日を生き抜いてる!

時に人は肉体ではなく「心」
で生きている。
碧さんを思う時、この言葉が私の
心に染み渡ります。
碧さん。その優しくて強い
感性豊かな「心」で
ずっとずっと生きて下さい。
碧さんなら出来ます!
いつか私も碧さんの隣で
sandwichを頬張りたいです。

どうか、どうか、ご自愛下さい。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/248-3e5d6317

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |