プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
言葉の力
愛の言葉
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術


今日 私が選挙で一票を入れた議員さんが
七階の 乳がん友人とともに いらして下さいました。

もと看護師さんで(男性です)
17年 医療現場で 活躍されていた方です…

病気のこと 治療費のこと 生活のこと…
そして 胸水 胸膜癒着術のこと…

でも
: 「え? なんて…? 胸膜癒着?」

まだ 癒着術自体が新しいのか
彼は 知りませんでした(びっくり)…

身振り手振りで 説明すると…
: 「相当リスクが伴う 身体に悪そうな手術ですね…」

(確かに…)

: 「やめられたほうが…」
と仰る。

乳がん友人も
: 「(胸膜癒着術を)お断りして セカンドオピニオンを」
なんて ぶれまくることを 仰います。

考えてみよ~

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

また
: 「術後 予後が 悪そうで 死ぬ可能性も高いな…」と
議員さんが…

医療現場を 多々経験した方ゆえに 説得力もあり…
(生きて帰れなかった患者さんを いっぱい見てるとか…)

それは言われてます…

言葉にすると きついですが
優しく 温かい言葉と雰囲気に
今日の私は ほっとしたのです。

言葉をかけられるって 本当に 大切です……

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

とある話。
13世紀の頃 シリアに フレデリック二世という王がおりました。
この王は
: 「人間はすべて 自分本来の言葉を持って 生まれてくるはず」
と 信じ 実験で その考えを証明しようとした。
生まれたばかりのみどり児を 何人も集め 養育係をつけたという…
王は
: 「ひと言も赤子に話しかけてはならぬ」
と 厳命した。
(どちらに とっても 大変ですね)
言葉をかけられたことのない赤ちゃんは
自ら言葉を発することもできずに
次第に 衰弱していき
遂には みんな死んでいったそうな…
実験結果の記録は 今も残っているそうです。
(実話story)

しかし 命を弄ぶ 悪いヤツが いたのですね。

ちなみに 赤ちゃんに ミルクとオシメは与えられて
本来なら 命に別条はないはずですが……

故に 私達人間にとって 「言葉を かけられる」ということは
生死に 関わる重大な ことだったのですね。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

ちなみに 今日は 私 かなり 心折れてました…
待ちくたびれて やさぐれておりました(笑)

でも でも いつも 皆さまから かけられる温かい「お言葉」に…
こうして たびたび 我が家にいらして下さる客人に
癒され 慰められて
考えられないほどの 余命を
今日も生きて 生かされているのです…

言葉の力

言葉で人を殺すこともできれば 生かすこともできる。
刃物よりも 鋭利な凶器ですよね…
言葉の力で 生きもすれば 死ぬこともある…
愛の言葉を いっぱい浴びたい……

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

結局 今日も 欲深女の独白を読んで下さり
ありがとうございました。

まだまだ 続きます。


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

コメント:

■ 碧さんから教えられる事

碧さんに取っては
究極の選択とも言える今回の事を
勿論親切心からのアドバイスでは
あったと思いますが、
もし私なら、やはり心折れてしまいそうです。
でも碧さん、あなたは人からの
どんな言葉でもご自身の中で
ボジティブに受け入れ
感謝の気持ちを忘れない。
容易く出来ることではありません。
本当に見習わなくてはと思います。
そして、言葉も時に凶器になると言う事、もっともっと意識して
人と対さなくてはと戒めます。
私はいつも碧さんから
人として大事な物を戴いています。
碧さん、貴女の言葉こそ
愛に満ちた人を生かす言葉です。

どうか、どうか、ご自愛下さい。

■ 

こんにちは。

17年間、看護師をしていらした方が胸膜癒着術をご存知ないのでしょうか? 知らないということにかなり疑問を感じてしまいました…

セカンドオピニオンではなく、碧さんのお体の状態を良くご存知の、今の主治医を信用して頂きたいです。

余計なことを言ってしまい、気分を害してしまったら申し訳ありません。

いつも応援しています。いつも祈っています。

■ 全力で応援してます!!

こちらのブログに辿り着いて昨日から今日にかけて1番最初のハラ様の記事から全部読ませて頂きました!(あっと言う間に大ファンです♪)これからも碧さんが感じた1日をハラ様と共に末長くブログに更新出来ます様、心からお祈りと応援しています♪♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/249-71188a12

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |