プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
『私の前にある鍋とお釜と燃える火と』
石垣りん
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院


いつも 応援 本当にありがとうございます。
来週は 入院カートに 皆さまから 頂きました パワー エネルギー 祈り
ぎゅうぎゅうに 詰め込んで 行ってきます。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

ふと 2010年 抗がん剤治療のため 初めて がん研有明病院に
入院した時のことが 思いだされます。

4人部屋で 私以外 皆さま ハイソ?な方ばかり…

私のお隣さんは 外交官夫人で フランスから帰国して 治療されている方でした。
ベッドで横になれず
(当事 その意味も 癌初心者でわからず…)
座るポーズで 点滴を受けて 車椅子で 顔を洗っていたので…
もしかしたら 今の私と 同じように 胸水が 溜まっていたのかもしれません…
毎晩 ハアハアと 呼吸していて…
苦しそうだな…
と…
苦しそうなわりに 外国仕込みなのか 態度がでかく
でも それが ちっとも嫌味ではなく…
もー 毎日 語り合い 笑い合いで 修学旅行みたいに楽しかったものです…
入院って楽しいな
って…

でも やはり 娘とチャーが 心配で
1日早めの 退院をしました…

あの時代(2010年)は 胸膜癒着術は まだメジャーじゃなかったのでしょうか。
今も その方の ハアハアという苦しそうな息づかいが 思いだされます。
えーと 今 私が ハアハアなのですが…(笑)

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

私の好きな 石垣りん の詩です。

その夜

女ひとり
働いて四十に近い声をきけば
私を横に寝かせて起こさない
重い病気が恋人のようだ

どんなにうめこうと
心を痛める親しい人もここにはいない
三等病室のすみのベッドで
貧しければ親族にも甘えかねた
さみしい心が解けてゆく

明日は背骨を手術される
そのとき私はやさしく 病気に向かっていう
死んでもいいのよ

眠れない夜の苦しみも
このさき生きてゆくそれにくらべたら
どうして大きいと言えよう
ああ疲れた
ほんとうに疲れた

シーツが
黙って差し出す白い手の中で
いたい いたい とたわむれている
にぎやかな夜は
まるで私ひとりの祝祭日だ


   ――石垣りん 『私の前にある鍋とお釜と燃える火と』

1959年に 書かれた詩なんですけど
読むと しんみり…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

今日(3日) 雨すごかったですね///
シャワーみたいで 気持ち良かったです^^

我が家に滞在?できるのも あとわずか…
おうちdayを たのしみます

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

まだまだ 続きます。


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

コメント:

■ はじめまして

はじめまして、
ふらっと巡りつきました。
何かのご縁を感じコメントさせていただきます。

柔らかく優しいお写真、碧さんのお人柄を感じました。
私も写真が好きで、詩が好きです。
雨で色濃く鮮やかな色に変わる景色も好きです。

これから、碧さんの日記読ませていただきます。
きょうは涼しいですね。身体をいちばんに大事にされてください(*^^*)

■ m(__)m

碧さん

来週なんですね?
必ずや ここに戻って来て下さい

あなたの文章を読んでると
心がほぐれていくのです

生きて行く上での苦労や苦しみ、悲しみが
ほぐれて 温かさに満ちます

それは碧さんが 強くて 清くて 豊富な知識があり、温かな人だから

勝手なことばかりならべて すいません
少しでも楽にすみますように

待ってますm(__)m

■ 初めまして。

初めまして。恵鞠と申します。Twitterから碧さんのブログに辿りつき、碧さんの穏やかで温かな言葉の数々、アップされている素敵な写真に感銘を受けました。私も乳がんになり、近々手術を控えています。入院の日までまだ数日あり、今までと変わらず子供達と日常を過ごしていると、本当に病気なんだろうか、と実感が湧かずにいます…。この度入院されるとのことで、無事退院されることを心から願っております。また、Twitterの方フォローさせて頂きましたので、よろしくお願いします。

■ 初めまして。

こんにちは。初めまして、井桁脛夫(いげた・すねお)と申します。

「がん・ガン・癌スーパーリンク」のアクセスランキングで、いつの間にか私の上に立って、そのまま定着してしまったブログがどのようなものか、拝見しに参りました。・・・というのは冗談でして、ご無礼をお許しください。m(_ _)m
正直なところを申し上げまするに、余命宣告をなされてからも長生きされている方は多々おられますが。その方々はどのようにして凌いでおられるのか・・・そこに興味があって拝見しに参りました。

実際、楽な事ではありませんよね。生きるって事は。
私は直腸がんで、51歳の発覚時はステージ3A(5年生存率70%)でした。現在は術後6年めになるのですが、手術して治っては再発・・・の繰り返しで、今では手術は不可能。昨年に放射線治療を経て、今年から抗がん剤治療を受けています。
最初の手術で永久人工肛門になり身体障害者4級に。そして3回めの手術は骨盤内内蔵全摘出。膀胱も無くなったので尿路変向によるウロストーマ造設、身体障害は3級にグレードアップ(?)しました。そのため糞尿はお腹の左右に開いた2つの穴から垂れ流し状態なわけで、それぞれに一つずつ袋をぶら下げて生きています。またこれが時々剥がれて、大変なパニックに陥るんですよ。そんな時はマジで「死んだ方がマシだ!」と思ってしまいます。

貴方様のように几帳面なブログを拝見しますと、やはり私はまだ甘いんだな〜、と反省至極です。貴方様はこの先も、今のままで変わらずに生きてください。
私の大好きな天王洲アイルや豊洲など、ウォーターフロントの写真がいっぱいあって、気に入りました、このブログ。(^_^;ゞ
帰りに一票投じさせていただきます。上杉謙信のようにね〜。(^o^)v

それではこの辺で。乱文乱舞にて、誠に失礼をば致しました。m(_ _)m

■ 感動。

なんという詩…。
魂が揺さぶられる様です。
無知な私です。
数分前までその存在さえ知らなかった「石垣りん」とい女性。
銀行に勤め、終生家族を養いながら
詩を書き続け「銀行詩人」と呼ばれたそうですね。
一瞬で虜になりました。
哀しくも美しく、そして何より
愛しくて胸が一杯になりました。
この詩は私にとって碧さんそのものの様で涙が出ました。
この詩人の作品をもっと詠んでみたくなりました。
碧さん。ありがとうございます。
又ひとつ私は心豊かになりました。
碧さんによって又新しい世界を
知ることが出来ました。感謝です。

碧さん。怖がらないで下さいね。
碧さんひとりで闘うんじゃないから
みんな一緒に闘うんだから。
忘れないでね!

どうか、どうか、生きて下さい。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/255-c0cebfba

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |