プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
ほんとうの答え
いたるところに…
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

もし
無人島に ―1冊だけ― 本を持ってゆくとしたら
聖書か 百科事典か…
なんか 定説らしいです。
(私は 森茉莉の本ですが…)

聖書…
世界のベストセラー…

いつかは じっくり 読みたいな…
と願って 今日まで過ぎてしまいました。

図書館で借りました。

無人島に持ってゆく位 読まれ 慕われている 珠玉の言葉の数々…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

神棚と仏壇。
お経をよんだ 幼い日々の私…
(母に「幸せになるから 読みなさい」と言われました)
なのに
素直にハマらない自分が いた。
どーしよう…

私は ある日 母に訊いた…
「どうして 世界には 色んな神様 仏陀 アラー…
 とかいるの?
 (ひとつにしぼってほしいな)」

母 said…
「なんでもかまわないのよ。
 山の頂上は 一つ。
 その頂上に向かって それぞれの麓から 登ってゆくだけなのよ」

へぇー…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

最近 聖書の中の 色々な言葉が 心に響く…
やっぱり 世界のベストセラーだ……

今日の言葉
憎んだ者によって 愛を教えられ
   拒否した世界の中に 本当の答えを見つける

     (聖パウロより)

そうかもしれない…
私は 最近思う。
神様は うんと うんと 遠くにいらっしゃる
と 思っていた。
教会とか 神社とか…
わざわざ 出向かないと…
でも…
神様は 案外 近くにいた…

180円の花の中にも…
運河をわたる 風の中にも…
大好きな 夜空の中にも…

いたるところにいた…

ずーっと前から いたのだと 思います…
ただ 私が気付かなかった だけなのだと…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

いやー
今朝 のどが細くなって 息苦しさMaxでした…
もー こーなると 入院も楽しみ??? です

皆さま いつも 本当にありがとうございます

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

まだまだ 続きます。


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術

コメント:

■ 気付くかどうかですね。

ほんとうに碧さんの仰る通りです。
自身の心のまなこが開いてなければ
すぐ目の前に神が存在しようと
分からない。
私達が住む日本と言う国は
国教が有るわけでも無くて
宗教に関してはとても自由です。
斯く言う私もこれと言った信心を
している訳ではありません。
でも最近歳を重ねると共に
神様の存在の有無をとても意識するようになりました。
と言うか、神は自身の心に存在するものと思う様になりました。
ある意味碧さんと同じ見識です。
近くにいらっしゃるのです。
私は確信しました。
そんなにも神を身近に感じる事の
出来る碧さんが
幸せにならない筈がありません!
今までの大変だった分も含めて
これからの碧さんは心穏やかに
碧さんを心から愛する私達と
共に半生を過ごすのですよ。
絶対です!

どうか、どうか、ご自愛下さい。


■ 

私は再発入院中に宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を再読しました。若いころと違った思いになりました。途中下車の駅はそれぞれの行くべき道に繋がっているのだと改めて感じました。法華経を進行していたので、この様な本を掛けたのかなと思いました。機会がありましたらお勧めします。

■ 

本当の答え いたるところに・・・ 
タイトルがとても素敵 (^_-)

文章も何て言っていいのかうまく表現できないのですが
碧さんらしいピュアさが見えてくるのです!!!!
透明感が感じられる!!!!!

写真も碧さんらしいロマンチックさが感じられて
私はこういう写真が大好きです!(^^)!

私 勝手に思うのですが
この世で一番の幸せって 豊かな感受性ですべてを受けいれる
「うつわ」があるって
ことじゃないのかしら?と思います

碧さんはその精神で生き抜いていらっしゃる!!
しんどくてしんどくてたまらないのに!!!!!

命をかけてこのブログをたちあげていらっしゃるm(__)m

絶対絶対 うまくいきます!!!!!!

応援しています m(__)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/257-5c8c448a

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |