プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
ティンカーベルみたいな nurseに 怒られました
7月10日 入院5日目
がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院


私のお部屋
廊下側で またもや nursestationの真ん前…
危険な患者… という意味でしょうか…
新鮮な空気 空 緑… それが 何よりも 必要な私に…
今は 閉ざされてる 試練…
ここは 私にとって シベリア流刑だ!
(その割には 結構 楽しんでる)

私は つかの間の景色を求めて 病棟を 歩いた…
刑務所だよ… ここは…
と 吠えながら 楽しむ私…

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

その姿が ティンカーベルの逆鱗に ふれたらしい……
: 「今 癒着するかどうかの 大切な時期でしょ
   吸引の管 自分で 外すのは 医療行為だからいけません
   ずーっと 胸水吸引しないと 癒着しないでしょ

「はい」

… 怒られて ガックリ…

でも ティンカーベルは 私のために
長い長い管を 探してきてくださった…

ありがとう
ごめんなさい…

入院 5日目…
怒濤の日々が やっと 落ちつき
お隣さんや 真ん前の方 お話ししました。

お二方とも 70歳前後で すい臓癌と 胃癌の方ですが
お二方とも 10年後のお話しをされていて スゴいです
仲良くやっています。

経過としては 今日の午後 胸が 押されたように 痛み
昏睡しました。
オキノーム(麻薬)を のむと スッキリします…

ああ とうとう麻薬中毒…
情けない…

今日の午後あたりから 胸水が出なくなり
怒られてから おとなしく吸引していたら 少なくなってきた…

癒着 成功したのかな…

急に 未熟doctorが 救世主にみえる 愚かさ…

癌が 消えたわけではない……
なのに 希望という名の幻が 私の心に 点滅する……

ウッディアレンが 映画で呟くセリフ……

「人を狂わせるのは 絶望じゃない 希望なのだ…」

皆さま いつも ほんとうに ありがとうございます。
空が見えない お部屋にいても
私の心の中には 皆さまという 青空が 広がっています。
その青空に 心ゆくまで浸る 私がいます。

心の中に 青空をいだいた私は 最強なのです

ありがとうございました。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

窓から見た ベイブリッジ 青色で 綺麗でした。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

国際展示場駅です。

がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

朝食です。

まだまだ 続きます


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 乳がん治療ブログ がん患者ブログ 癌サバイバー 胸水 胸膜癒着術 がん研有明病院

コメント:

■ 

おはようございます m(__)m

回復が早そうで何よりです (^_-)

でも・・・焦らず!のんびり!まったり!リラックスして
「良くなったら何しようかなぁ~」と楽しみながら(碧さんは 
十分すぎる程 前向きです !(^^)!なんで今更~~ですよね♬♫
失礼いたしました m(__)m)日々過ごしてください🎶

碧さんは 頑張りすぎちゃう方みたいなので m(__)m

努力する事は素晴らしいのですが 術後は 体には頑張り過ぎは
よくないみたいです

「刑務所みたい」 私も入院中 思いました(*^。^*)

入院中 仲良くなった患者さん(子宮がん摘出手術をしました)
は 術後すこぶる経過が良く 入院中 お話も弾んで元気でした

それが 退院した翌日再入院なさったのです(._.)

話を聞くと 車で家族が迎えに来ていて 帰宅途中 二か所
お店に寄って 一か所め寄ったあたりから具合が悪くなったのです

車の振動?も良くなかったらしい"(-""-)"

退院した翌日 入院したものだから 私はビックリ(+_+)しました

余計なお世話でうっとおしいかもしれませんが

退院したら (ひさしぶりに娑婆?に出られて気持ちはルンルン(^^♪気分になって 寄り道したくなる気持ちはすごーくわかりますが)

まっすぐ帰宅してくださいませませ !!!m(__)m

お大事になさってください

■ 

入院はつまらなくて、ふらふらしたり逃げ出したくなりますよね。気持ち分かります。

私、入院中に無断で家に戻ったことがあります(^_^)v バレなかったので良かったですけど…

私が言えることじゃないですが、今は大切な時期なので大人しくしていて下さいね(^^;)

■ 心に青空。

以前碧さんのお宅のベランダに
ビニールシートが掛けられて
空が見えない…。というブログを思い出しました。
空が見たいと懇願してる碧さんの
心境がとても伝わるブログでした。

碧さんは本当に風景を愛する
心をお持ちの方だと思いました。
だから今は本当にお辛いのでは、
と心が傷みます。

しかし、やはり碧さん。
貴女はこんな時も
碧さんらしさを失わず
何事もポジティブに受け止めて
結局私達に勇気を与えて下さる。
貴女はほんとに素晴らしい方です!

でも早く、1日も早く碧さんに
青空を見せてあげたい。
碧さんを自由に、碧さんの好きな所に行かせてあげたい。

思いっきり碧さんに深呼吸を
させてあげたい!!
心から祈ります。

碧さんの仰る、癌自体が良くなる訳では無い…って、確かに理屈では
そうかも知れないけれど
この事を乗り越える事によって
相乗効果と言うものが働くのでは
ないかと思ってます。

人の治癒力は科学では計り知れないものが絶対にある!
と私は信じてます。

どうか、どうか、
希望を持ち続けて下さい。






■ m(__)m

碧さん
歩いてしまう程、元気なんですね

良かったです!

ティンカーベルみたい看護士に怒られないよう 安静にしてて下さいね!

碧さんの文章は やっぱりっ
素敵です!

本を読むという行為が苦手な私ですが

ずっと 読んでいたい!

心に温かさや穏やかさが
胸に広がっていきます

元気に退院して下さい
無理をしないようにして下さいm(__)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/263-78d6a2a3

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |