プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
碧の日記 最終回
感謝をこめて

がん闘病日記 がん患者ブログ 癌サバイバー がん研有明病院 緩和ケア モルヒネ


管理人です。
「碧の日記」に何度も出てきてすみません。

「碧の日記」の更新はなくなりますが、
ブログはこのままにいたします。

これからも、碧ちゃんが紡いだ言葉が、
どこかの誰かの心に響くといいな…
と思います。

長い間、碧ちゃんを支えてくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

そして、碧ちゃん、いままでありがとう
これからもみんなを見守っていてね


関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : がん闘病日記 がん患者ブログ 癌サバイバー がん研有明病院 緩和ケア モルヒネ

コメント:

■ 

碧さん今まで感動と、癒しをありがとうございます。母と同じ病である炎症性乳がん。母よりも前に発病して母よりも長く生きた碧さんは本当に強いでさす。炎症性乳がんはまだまだ知られてない珍しいがんです。いつか完全な治療法が見つかることを切に願います。

■ 

なぜかたまたま此処へ先程たどり着きました。
原さんがこのブログを残してくれていたおかげでたどり着けました。人は皆、悲しく辛い過去を消し去ろうとしますが、原さんは碧さんをここに今も存在させてくれているんですね。おかげで私も出会うことができました。すごくお茶目な方ですね。
また遊びに来ます。原さんありがとう

■ 

onlyramu様

お手数おかけいたします
3年ほど前の当方の書きコメに表示されている
ハンドルネイム「あんみつプリンセス」をクリック下さいませ
ダイレクトにあんみつにメールを下さることが可能なはずです
後にも先にもブログにコメントなんて初めてで
この方とは真摯に向き合いたいの想いから当然のように
オープンコメントにも拘らずアドレスを添えておりました(^^;)

碧さん、この場をお借りしたこと許してね
原さまにも あらためてお礼申し上げます

■ 探します!

あんみつプリンセス様。
ありがとうごさいます。
是非探させて頂きます。

とにもかくにも先にお礼の言葉をと思いまして

スペルの間違いなんて
気づきもしませんでした。
私はそれこそ、こういう事慣れてなくて
コメントも書き慣れてなくて
こちらこそ失礼がないかと
いつも杞憂しておりました。

ですからどうか、お気遣いはご無用になさって
下さい。

そう言えば過去の碧さんのブログに
「杞憂」について書かれた文章がありましたね
思いだします…。

あっ、またしんみりしてしまいました。
碧さんに怒られそうです。

あんみつプリンセス様。
是非私もお話ししたいです!
以前から碧さんと同様
とても素敵な感性をお持ちだと
お見受けしていました。

この場所で新たな出会いがある事に
感謝します。

これも碧さんの思し召しですね?きっと!




■ 

onlyramuさま

先日の当方のコメのonlyramu様のスペリングに一部誤りがございました(^^;)
お詫び申し上げます...碧さんより2歳年上の完全シニアでございます
何もかもボロボロ.視力もいい加減なのです(泣)

「じめじめ鬱陶しいわね~ 」
そうそう、碧節ですね(^^) その通りの碧さんです
半分ハマッ子の血が騒ぐのでしょうか...
うんうんと聞いて下さってても遂には
「なにウジウジ甘えてんのよ」と雷が落ちます

でもそれ以外では優しく静かで清らかで
私の拙い語彙でなど到底言い尽くすことの出来ない
愛すべき女性、それが碧さんです

onlyramu様、当方の過去コメの何処かに
わたくしで宜しければご連絡頂ける手段がお判り頂けるものがございます
お暇な時にでもご一報頂けましたらと思います
勿論スルーしていただいても結構です(^^)

■ ありがとうごさいます。ありがとうごさいます。

感激です。
今日ここに来たら、まさかのお返事…。

本当に魅力溢れるおふた方から
こんなお言葉を頂けるなんて
ほんとにほんとに感激です。
ありがとうごさいます。

あんみつプリンセス様は
リアルな碧さんをご存知なのですね?
心底羨ましく思います❗

本当に碧さんとお逢いしたかったです。

私は時々碧さんの夢を見ます。
夢の中の碧さんは
私が勝手に作りあげたイメージの碧さんです。

でもそれで良いですよね?
皆様の心の中にある碧さんは
きっとみんな本当の碧さんなのだと思います。

あれから気が抜けた様な日々を送っていた
私ですが、こんなんじゃいけませんね?
それこそ、じめじめ鬱陶しいわね~
碧さんの声が聞こえて来そうですね?

今日ここに来て良かった❗
久しぶりに明るい気持ちになれました。

ほんとうにありがとうございました。

どうか皆様もご自愛下さい。










■ 

onlyramuさま

碧さんを中心に私達が周りを囲んでお話出来る日を夢見ていました
でも素顔の碧さんは、とてもじゃないけど
きゃぴきゃぴ皆様とお話出来るような方じゃないかも...
決して寡黙な方ではないけどお喋りはお仕事とは裏腹に
あまりお好きではなく,むしろ聞き上手な方
わたくしなど挙げ句にお喋りなので嫌いとまで言われて...(笑)
素直で正直で愛らしくて聡明で静かで、でもツンデレ
ホントにホントに素敵な方...大切な大切な方
わたし達の想いは彼女に十二分に届いていました
人生で今が一番幸せともおっしゃっていました
彼女のお写真の類い稀なる芸術性に
写真家になろうとは思わなかったの、と尋ねたら
「この病気になったから今まで見えなかったものも
見えるようになり空気や風の美しさを知ったの
地球は美しさで溢れてるのだもの」って仰ってましたね
わたしも乳ガンに罹患したからこそ彼女に巡り逢えたワケだし
マイナスがすべてマイナスでないのも彼女のおかげで学びました
そしてonlyramu 様はじめ素敵な皆さまとも出逢えたのも此処
ある意味何処より大切な場所かも分りません
今年は独りでも、あの運河沿いのプロムナードを歩くつもりだったけど
品川まで行ったものの、そこから先へは進めない情けない私でした

onlurumu様が何かを碧さんに問いかけられたら彼女はきっと
応えてくれるはずです...soul mate とはそういうものと思います
碧さんと私達の繋がりは まやかしではありません 信じてます
ずっとずっとエンドレスです
今日はあなたと此処で碧さんのことお話し出来て幸せでした
本当に原さまの粋なお計らいに感謝しかありません

onlyramuさま、そして皆々様 時候の変わりめです
ご健勝お祈りいたします



■ 

onlyramuさま

そうですね。

碧さんの写真のあの風景を
皆さんと一緒に見ることができて幸せでした。
もしかしたら、皆さんそれぞれ別の場所に居ながら
碧さんの写真を通して
同じ風景を見て、同じ時間を過ごしていたのかもしれません。

この場で私たちを引き合わせてくれた 碧さんとはらさんに
あらためてお礼を言わなければなりませんね。

去年の今頃・・・一昨年の今頃・・・
どの季節にも 碧さんが見た風景が写真の中に残っている。
でも、今年の写真はないんですよね・・・来年も・・・再来年も・・・

今日も東京は快晴です。
こんな日は 碧さん、
私たちにどんな風景を見せてくれただろう・・・。
青い空 生き生きと葉を茂らせる草木 陽射しに光る水面
もしかしたら塀際にひっそりと咲く小さな花だったかもしれない。
そして、その写真にはどんな言葉が添えられたんだろう・・・。
碧さん、あなたが居ない季節の中で
言いようのない寂しさ 心細さを感じています。

onlyramuさま
私のことまで思い出してくださってありがとう。
そして 素敵なメッセージ ありがとう。
これからも碧さんの想い出を大切に
別々の場所で でも同じ季節を感じながら
一緒に歩いて行きましょう。

onlyramuさまと、そして皆様と、
この場で出逢えたことに心から感謝します。

■ やっぱり寂しいです。

ここから離れがたいです…。
皆さんも一緒の気持ちでしょうね?

今になって自分でも驚く程
碧さんの存在は大きかった…。
心に穴が空くって、こういう事なんですね?

ここでは碧さんとのLove Letterは
勿論の事、皆さんのコメントを読むのも楽しみでした。
ひまわりさま、あんみつプリンセスさま
かに座の中高年さま、満月さま
覗きの常連さま等々…。
皆さんの碧さんに対する
愛情溢れたお言葉の数々
それを読ませて頂いて
私まで心が暖かくなって
ほんとに幸せでした。
碧さんを通して皆様を知ることが出来
碧さんに、またまた感謝です。


私にとってこの場所にいる時間は
至福の刻でした。

はらさんが、この場所を残して下さる事に
涙が出る程感謝しています。

どうか皆様いつまでもお元気でいて下さい。


■ ほんとにお別れですね?寂しいです。


はらさん。
チャーちゃんの写真upありがとうごさいます。
私には何よりです。
最後に何書いたら良いか胸が一杯です。

毎朝愛猫にお線香あげる時
碧さんとチャーちゃんを思います。

あちらで二人、まったりと仲良く過ごしてると
私は信じて疑いません。
だから碧さん、今幸せですよね?

あ~、碧さんに会いたかった。
それが残念です。
でも、1度もお目にかかれなくても
私と碧さんは、永遠にソウルメイトです。
私の大事な大事な人です。

いつかお逢いする日まで
私も一生懸命生きていきます。

はらさん。ほんとにありがとうございました。

皆様方、ご自愛下さい。







■ 会いたかった

私も乳癌患者です。相談する相手も無く、色々な事を考えながらいつも運河を見つめています。とても気持ちか落ち着く運河の散歩道。このブログを見て驚きです。載っている風景がまったく私の散歩道です。もっと早く出逢いたかった。

■ エリナカスケード

碧さんと大喧嘩したことがありました
もっとも彼女が急に切れて私が罵声を浴びた状態でしたが(苦笑...
「何でブログなんかやってると思ってんのよっ!?」
この言葉に彼女の想いのすべてが込められていました
ここでコメや足跡を残すわれわれとの
往復書簡(彼女の言葉を借りるならラブレター)をパワーに
厳しい治療に臨んでいらしたんだと思います
碧さんは変わらず お嬢様に寄り添っていらっしゃると思います
何処に行くことなくお嬢様を護っていらっしゃると思います
ご存命中と変わりなく...

もう最終回を迎えたブログ...繰り返しのコメ投稿は
潔い碧さんから「くどいよ」と笑われそうだけど
今年のエリナカスケードの花の終焉を迎えて 此処に来てしまいました

■ 

今は、北海道でも桜が咲いています。
もう碧さんは帰って来たのかな?
碧さんが戻ってくることが、うれしくもあり、悲しくもあります。
でも自分の故郷なのだから、北の大地でゆっくり休んでね。
    
原さんへ   
このブログが大好きなので、残しておいてくれてありがとうございます。
原さんのような友人に出会えるように、私も生きていきたいです。
幸せになって欲しいと思っています。。。。

■ 

はらさん、長い間ありがとうございました。
これからも、碧さんとの想い出を大切に
碧さんの分も お健やかに 充実した毎日をお過ごしください。

碧さん、この先 穏やかな夕暮れの風景を見るたび
川面に映る街の灯を見るたび ひそやかに咲く花を見るたび
あなたを想い あなたに語り掛けることでしょう。
応えてくれなくていいから ただ聴いてくださいね。

碧さん、はらさん
おふたりに出逢えたことに心から感謝しています。
ありがとうございました。

■ ありがとうございました


今までの碧さんとの架け橋、本当に感謝です

今までたくさんの気づきを頂きました

ありがとうございます

命の有り難みを忘れそうになったら

また 勝手にお邪魔します

いつまでも いつまでも

どうぞ お元気で

■ 

      原様

今までどうもありがとうございました

m(__)m 


碧さんの豊かな感性に魅かれ

大変な状況に追い込まれても

乗り越えていらっしゃる強さに

感動しまくったブログでした

辛い時 このブログを見て励まされました 

m(__)m


ブログを 碧さんを支えた原様に心から感謝をしております


夜空を見ると ふと碧さんを想いだします☆

写真を見ていると 夜の風景の写真が想いだされ

何故か 碧さんって 夜のイメージが私にはあるんですね☆



原様 碧さんの娘さんがこれからもますます幸福な人生を

歩まれることを心から願っております (*^。^*)

それが 碧さんの心からの願いでもあるわけですから

どうぞどうぞいつまでもお元気で m(__)m

■ 

原さん本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。病気になって色々なブログ読ませてもらってますが、碧さんのしなやかな感性に惹かれ、更新を楽しみにしていました。碧さんが写真のみの更新になっても何か伝えようとされていることに、心打たれました。それを支えて下さった原さん、並大抵のことではなかったと思います。けどそのお陰で、たくさんの人が救われたと思います。本当に今迄ありがとうございました。原さんにたくさんの幸せが起きますように。

■ 寂しいけど

原さん
碧さんとの出会いから
ブログのUpから
ほんとうにありがとう

私にとって唯一の希望でした

何度もくじけそうな時
珠玉の一言に
希望を見いだそうと
何度も何度も読み返しては
心を落ち着かせ
私もまた生きました

碧さんは
ほんとうに
ちゃあちゃんのところに行ってしまった

もう苦しまなくてもよいところに

ブログを残してくださり
とてもありがたいです

どうか原さんもお元気で
碧さんの娘さんも
お幸せな人生でありますように
心からお祈りしています

ありがとうございました

■ 

原さま

今まで碧さんのサポート有難うございました。
彼女はこの場所にいないのに彼女の魂である写真だけが
ここで独り歩きするのは実は嬉しくもあり
反面、碧さんこれで満足なのかな...と疑問も感じておりました
それはさておき、私は貴女に心底感謝いたします
貴女が彼女を促さなければ,このブログは無く
私も彼女に出逢うことがなかったことでしょう
もうすぐ私が初めてご自宅で彼女に会ってちょうど一年です
還暦も過ぎた身ですので人生で本当に沢山の人と出会いました
でも、お互いに魂とアートへの感性で語れたのは彼女だけだったかも...
本当に本当に彼女が大好きです!!
彼女に巡り会えたこと貴女にどれだけ感謝してもしたりません
今年も来月彼女のカタチはないけど天王洲に私は行こうと思っています
彼女の愛した風景をもう一度眺めたいです
原さま、どうぞ穏やかで充実した日々をお過ごし下さいませ
さて、今夜は彼女の好きだったMIYAVIのギターサウンドでも聴きましょうかね...

お疲れさまでございました

■ 

長い間、本当に大変でしたでしょう。
お陰様で、沢山の人が救っていただけたと思います。
碧さんの亡くなられた後も、何度かの更新で、ショックを和らげることも出来たと思います。
本当に本当に、ありがとうございました。
寂しくなりますが、残してくださるお気持ちも嬉しいです。
どうぞこれからも、お元気で、幸の多い日々を過ごされますよう、お祈りしています。

■ 寂しくなりますね。

今まで長い間有難うございました。はらさんもお体に気を付けて毎日小さなハッピーが沢山あるお暮らしを・・お元気で

■ 

更新がなくなるのは、とてもさみしいですが
管理人さま、本当にありがとうございました。

長いことお疲れさまでした。

残してくれてありがとうございます。
いつでも碧さんと、ここで逢える、
その幸せに感謝です。

■ 

管理人さんも。長い間お疲れ様でした。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/287-11dd57b8

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |