プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
左胸のがんは小さくなりましたよ
超音波検査の人に言われました


こんにちは、碧です。

今日(4月3日)は 抗がん剤の日でした

1日の流れは、先日書いた通りですが、
今回は マンモグラフィを念入りに。
そのあとは 超音波(エコー)検査。

超音波検査の人は男性で 電気を暗くして
(これは思いやり
がん病院はこういうとこ細かいです)
両乳念入りに 50分位かかり…

検査の人に
「がん、いっぱいありましたか?」
と聞くと
「うーん…主治医の先生は、なんて言ってましたか?」
(…なんにも言ってません…

「でも、左胸のがん、小さくなりましたよ^^
最初は測れないほど大きかったよね

測れないほどって、どんな大きさ!?
メジャーだって、1メートルあるじゃない?
と、後で友人に話したら、
「がんの大きさ、メートル単位で測らないんじゃない?」
って言われたけど…

この検査の人、初診のときに
超音波検査してくれた人なんです

がん…小さくなってます、って

抗がん剤の後、ゆっくりコーヒーを
飲んで帰ろうとしたら、
エレベーターに乗り合わせた女性が
「あなた 電車止まるわよ 車? 電車?」
とパニックで
私も慌てて
強風に煽られながら
なんとか帰り着きました

こんな日は うちにいるのが一番ですね(><)
関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : マンモグラフィー 超音波検査 エコー検査

コメント:

■ 

おはよう!碧ちゃん。

左胸のがん、小さくなってたのね!!やったぁ(^з^)-☆
どんどん小さくなーれ。私の高校の友達も治療してたら、最後みつからないまでに、なったの!
医学は進歩してるよ。きっと、きっと、いい方向に行くよ、碧ちゃん(⌒‐⌒)

それにしても、あの強風の日に治療で病院だったの?!
大変だったね。お疲れさま!(^з^)-☆



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/31-cb7e541a

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |