プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
副作用も人によって違うので
抗がん剤は 心も殺すみたい


こんにちは、碧です。

しらゆりさん、ヨッシーさん、こてつさん、
通りすがりの名無しさん、さくらさん、
コメント ありがとうございます。
お一人ずつコメントを返せなくて ごめんなさい。
ご自身も闘病中方達がに 私のことを 励ましてくれて
何の接点もない方達が 私のことを 気にかけてくれて
本当に嬉しいです。

抗がん剤の副作用が 辛い時期は
何もかも放り出して 逃げ出したくなります

副作用が絶対起こらないとはいえませんが、
以上のような点に注意すれば
ドセタキセル療法は比較的安全な治療です。

抗がん剤治療の 注意書きの赤い文字。

そんなに軽い話か?

抗がん剤がドセタキセルに変わった当初は
あまりの苦しさに このまま死んでしまうのでは
ないかと 思いました。

もちろん 副作用も 人によって違うので
あまりヒドイ副作用が出ずに
抗がん剤治療をしながら お仕事されている方も
いるようです。

こんなにツライのは 私だけなのかな

でも 副作用が辛いから 抗がん剤をやめたい
とは 言えない…

というか 誰に言えば 聞いてくれるのか…

抗がん剤は がんだけじゃなく
寛容とか 寛大とか 忍耐とか 前向きとか
心も殺してしまうんですね

関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 乳がん余命宣告 末期がん余命宣告 乳癌闘病中 末期ガン闘病中 抗がん剤ドセタキセル

コメント:

■ 

色々な考え方があるとは思いますが、つらいことはプログでも吐き出してください。
頑張ってらっしゃいますもんね。本当に・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/36-dee12eb7

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |