プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
ある日の主治医との会話
というか いつも んー…
ある日の先生との会話


こんにちは、碧です。

先日 抗がん剤治療が ツライので 病院で 主治医の先生に
「先生 私 放射線あてないんですか」
と聞いてみたら、
「んー…」

あぁ 先生きっと
「こんなに あちこち 散らばってて
どこにあてろって 言うんだよ」って
思ってるよなぁ…
先生も 言葉探すよね…

「あの…もう 余命宣告から 1年半も経ってて
やっぱり そろそろ… なんでしょうか?」
と言っても
「んー…」
先生そこは
「そんなことないですよ 抗がん剤も効いているし
がんばりましょう
くらい 言ってくれても…
先生 正直だから…

「あの…私もう61歳で 体がかなり 参ってきたんですけど」
「んー…」


「呼吸困難が 心配なんですけど…」
「んー…」

先生は 大抵「んー…」
何十年も寄り添った 夫婦の会話(?!)じゃ
ないんだから…

そんな先生が、
「なんか もう 耐えられなくて…」
「んー…今日は(抗がん剤を)打つよね?ね?」

もちろん 抗がん剤やめたら
がんが増えて 死んじゃうから
抗がん剤治療は やめないですよ
関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 乳がん放射線治療 乳がん呼吸困難 末期がん患者と医者の会話 末期がん放射線治療 主治医との会話

コメント:

■ 唐突にすみません

いきなりすみません。わたしの母も現在61歳で8ヶ月程前に乳がんが発覚しました。そのときでステージ3.5くらいで7センチ程。乳房の血管がボロボロで癌が大きいから抗ガン剤で小さくしてから切りましょうということでした。2回抗ガン剤を受けた母はその後、治療拒否。健食やらびわ温灸などしていますがここ2ヶ月くらいは痛みを訴えています。にも関わらずタバコは吸うし、自分の身体にとって悪いことばかりします…。家族の言うことも聞かない母なのでどうしていいかもわからずただ何もできず死に逝くのかと思うと悔しくてたまりません。一生懸命頑張られている碧さんの記事を見て涙が止まりませんでした。いきなりすみませんでしたm(_ _)m

■ 私は大丈夫です。

お気遣いありがとうございます。嫌な記憶はもう封印しているので大丈夫です。碧さんが嫌な思いをされていないなら本当に良かったです。いつも思いますが、碧さんは本当に細やかな心遣いのできる優しい方ですね。碧さんの優しさや寛大さは抗がん剤に負けてませんよ。

■ ま様

私のために ありがとうございます
私は 幸運なことに 信頼できる先生と スタッフの方達に めぐり合うことができたました
病状が病状なので きっと先生も 困ってしまうのです^^
ま様のイヤな記憶を 思い出させてしまって ごめんなさい
大丈夫 んーには 先生の優しさがこもっています
ありがとうございます

■ 

初めてコメントします。私の家族も乳がんを煩い、がん研有明に3月に通院していました。でも、認定看護師の方の冷たい態度と言葉で転院しました。今回の記事を読んで、この病院はやはり、ハード面は素晴らしいけど、ソフト面がいまいちだなぁと思ってしまいます。主治医なんですから、もっと患者と正面から向き合って一緒に闘う姿勢を見せて欲しいですよね。碧さんも遠慮せずそういう気持ちぶつけた方がいいですよ。碧さんの信頼する主治医ですが、その態度、腹が立ってしまいました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/41-85dfe16d

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |