プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
ガンは2人に1人 という時代に、私の闘病記が何かの誰かのお役にたてば
碧ちゃんの想い…
ガンは2人に1人 という時代に、私の闘病記が何かの誰かのお役にたてば
<がん研有明病院>

こんにちは 私が末期ガン患者の碧です

癌が発掘?されてから
(いや 否応なしに
病院に行かざるをえなかったあの日から)
あまりに 悲喜こもごも過ぎる毎日を
送ってます。

10日の土曜日は救急病院受診の日でした。

死ぬ死ぬ…と言われてる手前
癌病院プラス いざというときの救急病院にも
通院しています

私は 糖尿病でもあるので
金もないのに 昨年は
癌病院
糖尿病クリニック
歯医者
(骨転移の薬は 歯を治してからじゃないと 注入できないため
救急病院
と通いつめ
普通の市民より 忙しい毎日を過ごしておりました。

末期ガン患者の胸のうちは
さぞ悲惨な事だろうと 思われるでしょうが
意外な事に 通院と 副作用に 忙しく
それほど「死」に 向き合う暇がないのです

余命宣告から
入院
数々の検査
副作用で
救急車に乗り…

次から 次へと 半年位は
「ほんとは 病気って 面白いんだなぁ~」
というのが 私の感想です

看護師さんは やたら美人で 優しいし
私が通ってるのは 癌病院だからかもしれませんが
まわりはガン患者ばかりなので
心配?ないわ
病院に 行っても 癒されてる感じでした

「そんな闘病の日々を ブログに 綴ってみたら どうかな
という女友達の薦めに従って
ガンは2人に1人 という時代に
私の闘病記が 何かの 誰かの お役にたてば と思い
残された日々を 綴ってみようと思います
関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 乳がん余命宣告 末期がん余命宣告 乳癌闘病中 末期ガン闘病中

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/6-e5ae0e8d

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |