プロフィール

碧

 
碧(あおい)

59歳で炎症性乳がん「余命1か月」
と告知を受ける。
がんは肺、骨盤、リンパにも転移。
パクリタキセル→ドセタキセル
→アリミデックス→フェソロデックス
→ゼローダ…
5年4か月にわたる闘病生活を終え、
2015年12月28日、
愛猫ちゃーが待つ世界に旅立つ。
享年64歳。


宝石ブログ☆(管理人のブログ)


ブログの更新をTwitterでお知らせします。
Twitter Icon


検索フォーム


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


相互リンク


人気記事ランキング


ポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

おすすめLineスタンプ


アルバム


■ はじめに ■

何年も前から胸にしこりがあるのに気づいたけれど、コワイから病院には行けなかった。
40度の高熱は出るし胸が爆発したように痛くなって、がん研有明病院に行く。
2010年の8月24日。病院に行き診察を受けると、初診で「余命1ヶ月」と宣告を受けた。

乳癌の早期発見、早期治療のため、乳がん検診(マンモグラフィー検査)を受けてください!!
NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動

訃報:2015年12月28日 享年64歳。
アリミデックスのおかげで
闘病生活に 安らぐ日々が
乳癌闘病中 末期がん余命宣告 乳がん余命宣告 末期ガン闘病中 闘病記 闘病日記 アリミデックス


こんにちは、碧です。

火曜日に 病院に 行ってきました

朝のうちは 涼しかったので まるで 秋がきたみたいで 嬉しく
深呼吸しながら 歩きました

春に 友人が
「この夏越えられるかが 勝負ね」
と 言っていたのが 思い出されます。

去年の秋も
「この冬を あなたは 越えられるのかしら?」
なんて 心配してくれていたのですが…

そろそろ 秋?

では
血液検査 レントゲン 眼科ヘム検査 緩和ケア 診察 ゾメタ点滴 MRI
と 盛り沢山で 夕方まで 走りまわり

本当に 体調が 2年ぶりに 良くて
緩和ケアの先生が
「この薬(アリミデックス) あってるねー
肺の胸水 わずかに 少なくなってるよ~
と。

でも 確か ドセタキセルのときも
「この薬 あってるね~」
と 言ったかも

ドセタキセルの ときは すっごく すっごく 毎日が 苦しく
「生きてる意味なんて ないわ~っ」
と 絶叫していたので
「あってるね」
と 言われても ちっとも そんな気が しませんでした

ショップの店員さんに 似合わない服を 無理矢理
「お似合いですね~」
と 押し付けられてるような そんな感じで。
「そうですかー」
と 答えたものの 納得できない感じでしたが。

アリミデックスは
自分で鏡で見ても 本当に似合う服を 着ているような
そんな 感じがします

私の身体の中の 強力な癌細胞に いつまで 作用してくれるのか
不安は つきませんが
集中治療室や 痛み止めのモルヒネや ホスピスまでの あいだに
ほんの少しでも こんな お休みをいただき
神様 ありがとうございます
関連記事
病気ブログ 末期がんへ
応援よろしくお願いします!!

tag : 乳癌闘病中 末期がん余命宣告 乳がん余命宣告 末期ガン闘病中 闘病記 闘病日記 アリミデックス

コメント:

■ 

初めまして。突然のコメント、失礼します。
主人は余命半年といわれながら、9年間生きました。
碧さんも、余命などは気にせずに、生きてくださいませ。
人間の生命力というのは思いのほか強いのかもしれません。

ただ、主人は私に治療の辛さとか不安とかを何も言わないまま、逝ってしまいました。
それは主人の思いやりであったのかもしれません・・・でも妻の身としては、たとえ辛さでも共有したかったいう思いがあります。
失礼ながら、碧さんのブログを拝読して、ああ、もしかして主人もこんなとき、こんな気持ちだったのかもしれないななどと思いを馳せております。

すみません。勝手な読み方をいたしまして。
でも、本当に、私にとって、碧さんのブログに出会えてよかったです。

どうか、これからも楽しい日々を送ってください。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://pinkribbon2010.blog.fc2.com/tb.php/86-9461b966

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP |